Newフロントエンド。

19下記のミキサ-を使い、ブロックごとに基板を起こし、現在
受信実験を行っている回路図を、UPします。

この回路と、始めに公開したCYTECタイプのミキサ-を
使ったフロントエンドとを、聞き比べています。

実は、何回も聞き比べをしたのですが、何がいいのか分からない状態に
なっています。
たぶん、本来は測定して測定値で比べるのでしょうが、技術もないし
面倒なので、私の場合、感性による比較テストとなっています。
この道うん十年の、経験がすべてです。

測定値での判断もありますが、例えばお料理で、何をどのくらい、
時間はどのくらいとデータが出ていますが、正確にやったところで、
実際に食べた人の感想がすべてではないでしょうか。
先日ここへ書き込みましたが、正しく正確に製作した受信機を
聞きましたが、正直思っていたほどの感動がありませんでした。
なぜかと、考えていましたが、測定値で5dB、10dBと違った
場合、人間にはどのくらいの違いを感じるものでしょうか。
先の受信機が良くないと言っているわけではなく、ちゃんときれいに
普通に聞こえました。デ-タ的に落ちる受信機でも、普通なときは
普通に聞こえて使えます。

受信機に対する評価は、使う人のフィ-リング(感性)でいいのでは
ないかと考えました。そのためには、下を肥やすのも必要です。
いろいろな受信機をいっぱい聞くのは、必要です。

ですから現在やっていることは、良い受信機の紹介でもなく、お勧めでもなく、遊びとして面白いと思うからやっているだけです。
個人的な希望としては、受信機開発から何かが得られればいいなと、
思っています。

CYTEC版のミキサ-を使ったフロントエンドも、聞き比べてみると、なかなかのもので、ボツにするのはもったいないなと考えています。

それから、良いアンテナは、受信機のスペックより絶対的ですね。
現在、DPですが、聞こえが悪いのは、本体が悪いか、アンテナが
悪いか。アンテナでしょうね。

近々、フロントエンド部のパタ-ンを書きます。
現在、マウス腱鞘炎で、結構やばいです。

user.png JE1AHW/内田 time.png 2022/07/01(Fri) 17:15 No.19
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -