情報の泉

CYTEC

by JE1AHW

自作の話題,FRMSについての質問はこちらでどうぞ

画像情報もあわせてご覧下さい.”情報の泉”画像フォルダー”



「投稿」を省略すると送信されません。「投稿」の文字は変わる場合があります。
お名前(必須)
「投稿」を記入
タイトル(必須)
コメント(必須)
Back to Top
PLL−MonoBand−VFO 初期設定方法をUP。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 5月2日月曜日11時48分

皆さん、こんにちは。

PLL−MonoBand−VFOのキットが、できました。
「砂漠の売店」へ、UPします。
販売価格は、¥8500(税込み)+送料と、なります。

キットの初期設定方法のファイルを、「画像フォルダ−」へ
UPしました。
今回のキットのソフトは、この初期設定部にかなり手間がかかりました。

キットの内容は、

1)si5351Aを発振に使用しています。
  VFOの出力周波数としては、99MHzまでも設定できますが、
  基板の仕様から、損失などが結構あるかもしれません。
  144MHzのVFOには使えません。50MHzまででしたら
  使用できます。

2)メモリ−を、5チャンネル分載せています。
  1chに入れた周波数で、VFOは立ち上がります。

3)VFO基板委は、LPF(5次)とパワ−スプリッタ−が
  実装できます。

4)キット付属のCD内に、「LPF簡易設計ソフト」が
  梱包されています。

5)印刷資料は、回路図、パ−ツリストぐらいで、後の製作資料は
  付属のCDを、見たり印刷したりしてもらいます。

6)キット付属のロタリ−エンコ−ダ−は、メカニカル式で、40パルス
  の物で、私がいつも使用している物です。シャフトがちょっと短い
  ですが、使いやすい物です。

7)今回、本体とLCD表示器をセパレ−ト型にしましたが、以前販売
  していたDDS−VFOの時、一体型だとケ−スに実装しにくいと言う
  声もありましたので、今回はどこにでも実装できるセパレ−トと
  しました。LCDとの接続は、線4本です。

8)外部に付けるプッシュスイッチ、LPFの部品などは、キットには
  入っていません。各自の好みや設計定数が違うなどで、入れません
  でした。各自で入手してください。
  (LPF用に、トロイダルコア−T37(黄色、赤、黒)でしたら
    斡旋できます。)

9)電源は、5V〜12Vで動作します。電流は、50mA程度です。

10)キット購入した方で、ご希望があればLCDの左上に、コ−ル
   サインの表示を行います。

大体これぐらいでしょうか。それにしても、今日まで長かったです。
 

Back to Top
re:お久しぶりです
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 5月1日日曜日16時54分

Nakajimaさん、こんにちは。

いや−、お久しぶりですね。
お元気ですか?。

今でも、キットの頒布活動は、続けていらっしゃるのでしょうか?。
私は、パワ−が落ちましたが、相変わらずです。
年を、取りましたね。笑

今日も、時間を見てはPLL−VFOの取説を書いていました。
キ−ボ−ドをたたくのも、大変になってきました。

Nakajimaさんも、お元気に活動をお続け下さい。


Back to Top
お久しぶりです
JL1KRA Nakajima(メールアドレス:投稿) 4月30日土曜日21時5分

内田さん、白内障手術上手くいったようでよかったです。
製作も色々進んでいるようで、PLL-VFOキットはFBです。
どうぞお元気にお過ごしください!

Back to Top
モノバンド PLL−VFOキット製作
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月29日金曜日18時0分

皆さん、こんにちは。

もう4月も、終わりですね。
最近は1か月が、すごく早く感じます。

今、PLL−MonoBando−VFO(PLL5351)のキットを
作っています。
キットに付ける、製作資料の編集を、行っています。
今回は、説明する部分が多く、かなりてこずっています。

特に、VFOの設定方法の説明は、かなり面倒です。
と書くと、設定が面倒なように見えますが、設定はLCDに表示される
事に沿って、基板上にある、スイッチ二つで、設定していきます。
その設定の中で、モ−ド設定と言うのがありますが、この部分が一番肝心
なので、時間をかけて書きたいと思います。

−・・・−
7MHz受信機「Libra7000」は、毎日バンドを聞いては、
ランニングテストを、行っています。

現在は、ミキサ−回路に定数を見直しています。
FETをスイッチにしたHモ−ドミキサ−も、そそられるのですが、
キットにするのは、コイルがネックになりそうですし、ミキサ−後に
ポストアンプを付けないとゲインが、足りなくなりそうな気もするしで
今回は、TRのスイッチングミキサ−で、行こうと決めました。
やはり、個人的な製作と違い、キット化するには再現性や、作りやすさ
など縛られる部分が多く、どこで妥協するかが大きな問題となります。
毎日、聞いていて十分に実用になりそうなので、現在の回路で
行きたいと思います。

では、皆さん連休を楽しんでください。



Back to Top
デジタル電圧/電流ユニット
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月10日日曜日11時26分

先ほどのユニットは、

秋月電子通商にて、
通販コード M-09738
価格:¥1000税込み

です。

Back to Top
デジタル電圧/電流計の製作
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月10日日曜日11時21分

皆さん、こんにちは。

今日は、手元にあるとちょっと便利な、デジタル電圧/電流計を
紹介します。

電圧電流計は、PICを使って製作しても良かったのですが、
秋月さんで、デジタル電圧電流計のユニットを、販売していました。
早速入手し、今回はただケ−スに入れただけです。

入手したユニットは、
1)電圧  0V−100V
2)電流  0A−10A
3)本体動作電圧  4.5V−24V

と言う規格の物です。

ケ−スは、ジャンク品の流用で、穴がいっぱい空いています。
塗装が、いまいちですね。hi

写真を、「画像フォルダ−」へUPしました。

本体の電源も、つないだ外部電源から取るようにしました。

さて、今頃になって、なぜこのような物を作ったかと言えば、
ここの所製作していた、リニアアンプ製作時、アイドリング電流設定や
出来てからのそう電流量など、を測定したくなったからです。

FETを使ったリニアアンプの場合、アイドリング電流が500mA
などと言う値で、テスタ−の電流計では、追いつきませんでした。

出来たリニアアンプが、どのくらい電流を必要とするかなども、
今までは分かりませんでした。
(使用した電源に付いている、電流計を見ていました)

製作した各作品が、どれだけ電流を使うかを、知っておくと
何かと便利です。特に数A単位で測れるのは、一つあってもいですね。

今回は、自作と言うよりも、便利なユニットの紹介でした。


Back to Top
モノバンド用 PLL−VFO1000
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月5日火曜日17時7分

皆さん、こんにちは。

以前、CYTECではDDS−VFOキットを、販売していました。
現在は、部品の入手などから、販売を中止しました。
時々ですが、このDDS−VFOの問い合わせを、いただきます。
そこで、DDSではなく、si5351Aを使った、汎用VFOが
作れないかと、ずっと検討していました。
ようやくソフトができて、試作での動作テストも、クリアできました。
回路図などを、「画像フォルダ−」へ、UPしました。

このVFOの特徴は、

1)各自で、次の項目が設定できます。
  a)VFOスタ−ト周波数
  b)バンド幅(500KHz、200KHz)
  c)VFOモ−ド設定
     ノ−マルVFO  表示=VFO +− IF
     逆ダイアルVFO  表示=IF − VFO
  d)ノ−マルモ−ド次の+−の計算方法選択
    (逆ダイアル時は、引き算しかありません)
  e)周波数リミッタ−の使用、不使用の選択
    不使用を選ぶと、ずっと可変します。

2)メモリ−を、5ch積んでいます。
  LCDにチャンネル表示します。
  書き込み、読出しができます。
  1chに入れた周波数で、電源ON時いつも、立ち上がります。

3)周波数ステップ・スイッチを押したまま、電源ONすると、設定モ−ド
  になり、何度でも設定が繰り返せます。

4)セパレ−ト型で、取り付け場所を選びません。
  LCDとの接続は、線4本のみです。

5)主力部に、パワ−コンバイナ−が実装できます。送信、受信用に
  2系統の出力が得られます。
  シングル出力にも対応しています。

6)VFO設定があるため、オ−トスッテップ機能は使えません。
  スイッチに用、1KHz、100Hz,10Hzの切り替えと
  なります。

7)VFOとしての発振周波数は、70MHzぐらいまで出力します。
  基板が対応していないので、実用的には、50MHzぐらいまでです。
  また、表示部が、99MHzまでしか対応していないので、144MHz
  には使えません。
  

−・・・−
DDSのICの価格が、かなり上がっています。
本来は、DDSのほうがスプリアスに対しては、有利なのですが、
si5351をしばらく使ってみて、私たちの使用には十分こたえて
くれることが分かりました。
ただし、30MHz以上の発振時は、スプリアス特性が良くない場合も
あります。

部品数も少なく、手軽に使えるので、キットとして出したいと思います。


Back to Top
7MHzリニアアンプ「Orion4020LA」
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月27日日曜日16時23分

皆さん、こんにちは。

約1か月振りの書き込みとなります。
その間、山にこもって、修行をしていました。は、冗談ですが。

ここの所、自分で使う無線設備を、ちゃんとしたいと思い、
いろいろとやっていました。
また、新しいプロジェクトの、いくつか抱えてしまったので、
作業がなかなか進みませんでした。

無線設備の一環として、Orion406用に、7MHzの
リニアアンプを製作しました。
資料は、「画像フォルダ−」へ、UPしました。

使用した石は、2SC1969と言う、CB用の石で、昔購入した
物です。この医師は、大変馬力があり、使いやすい石ですが、現在は
入手できなくなっています。残念です。

今回は、フェライトコア−のトランスを使った広帯域型のアンプに
仕立てました。
コア−は、ジャンクの取り外し物で、あまり参考にはならないと思いますが、
FB801を使っても、製作できると思います。

出力パワ−は、1Wで押して、20W出力でした。
もう少し行けるかと思いましたが、石の実力から見て、このぐらいかと
思います。
狭帯域アンプと違い、ものすごく効率が悪く、電流を食います。

実は、写真の実装基板は、現在の形と違います。
初め、ダミ−ロ−ドで実験をしていましたが、アンテナをつなぐと
ものすごく発振しまして、対策でまたまた苦労しました。
初めパワ−が、出たのでうれしくなりましたが、結局発振していたので
その分も入っていたんですね。
スペアナを使って、アンテナ使用時の発振が分かりました。

ダミ−とアンテナの違いは、反射波があるかどうかです。
反射波が帰還して、発振していたと思ます。

対策としては、
1)104+330オ−ムで、NFBをかけゲインを落としました。
2)気が付いたら、2Wで押していたので、ATTを入れて、1Wで
  ドライブするようにしました。
これらの対策に気が付くまで、かなり時間を食いました。
結果は、発振もなく、20Wチョイが出ます。

電流が、6Aと測定しましたが、悪付き電子の12V/5Aのスイッチング
電源で、十分間に合います。
20Wぐらいですと、この手の電源で間に合うのが、いいですね。

もう少しパワ−アップしたいですね。
今ある計画ですと、TRに2SC2100と言う、送信用の石を使って
見ようと思っています。回路は、狭帯域アンプがいいのですが、
高圧のトリマ−が、入手できないので、どうするかですね。

−・・・−
他のプロジェクトとしては、
1)si5351Aを使った、汎用VFOの開発。
  DDS−VFOキットが終わったので、次のVFOキットとして
  計画しています。DDS−VFOと同じに、ユ−ザ−が各設定を
  できるようにして、LCDはI2C接続とします。
  プログラムはかけたのですが、動作がうまくいかず、現在止まって
  います。
2)受信機のミキサ−に、2N7000を使った、Hモ−ドミキサ−の
  実験をしようと思います。本来は、バススイッチなどを使いますが、
  FETのスイッチでやってみる回路が、Webにありましたので、
  面白そうなので、やってみます。これは基板までできています。
3)アンテナが短縮型なので、帯域が狭いので、アンテナカップラ−を
  どうにかしたいと思っています。
4)ChatBase340に、以前製作したリニアンプをつなぎ、
  10W局にしたいですね。
5)以前製作した、SWR計をもう一台製作したいですね。
  私は、無線機を置いているのが、お店と自宅と2カ所なので、
  大体、2台必要となっています。自分で作らなくてはならないので、
  結構面倒です。

もう3月も終わりですね。
もっと情報を発信したいところですが、年のせいかパワ−が減ってきています。Webを見ても、自作関係のHPは、最近寂しくなってきていますね。
いつかは引退が必要ですが、自作ネタがなくなってくるのは、やはり
寂しいですネ。

来月も、よろしくお願いいたします。

  



Back to Top
AD603が入手できました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月1日火曜日16時5分

皆さん、こんにちは。

現在、進行中の受信機製作ですが、IF回路に使う、アナデバの
AD603と言うICが、皆さんおなじみの、「アマゾン」にて、
購入できました。

商品検索にて、「AD603」で検索すると、出てきます。
表面実装用ICで、5個パック、価格は、¥1559です。

eBayなどからすると、割高ですが、それほど高いとは思いません。
頼んでから、10日ほどかかりました。

AD603を使った、受信機を今受信テストしていますが、
AD603のIF回路は、なかなかいい感じです。
使いやすいと思います。

話はそれますが、AD603を使った可変ゲインアンプ基板、なる物が
けっこういられています。
手動での可変のようです。どのような所で、需要があるのでしょうか?。
良く分かりませんが、面白いですね。


Back to Top
Libro7000 IFユニット実装基板
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月27日日曜日12時34分

皆さん、こんにちは。

Libro7000の、IFユニットの基板を外注して、実装しましたので、
写真をUPしました。

また、回路図で、間違いがありました。
ミュ−ト回路のリレ−をコントロ−ルするTRは、2SA1015(PNP)
が、正しいTRです。(2SC1815だった)
基板のシルクも、間違っていました。そのため、まったくミュ−ト回路が
働きませんでした。笑

今回、9Vのリレ−を頼み忘れたので、5V用リレ−のコイル部に
直列に、100お−むをつなぎ9Vで動作させました。

このミュ−ト回路の意味ですが、送信機にこのIFユニットと同じフィルタ−
周波数を使うと、送信時自分の温デイが、聞こえてくるので、そのために
IF回路の入力部で、ミュ−トしています。
IF周波数が違う場合は、当然いりません。

このミュ−ト回路は、リレ−を使っているため、スタンバイ毎にノイズが
入るかが、心配です。まだ、実際のテストは、行っていまいので・・。



Back to Top
スプリアプ対策
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月27日日曜日12時10分

皆さん、こんにちは。

ようやくメガネを作りましたが、肝心のパソコン用メガネを
まだ作っていないので、今までの様な活動ができません。
もう少し、見え方が落ち着いてきたら、目が絵を作ろうと思います。

現在、Orion406+CB340用リニアアンプと言う構成で、
QSOをしていますが、スプリアスを発見して、対策に時間を
咲いていました。

もちろん、全体ができた時点で、スペアナによるスプリアスチェックは
行っていました。
その吐息は、キャリアによるチェックで、もちろん良好な特性でした。
最近、何気なく音声で送信している際のスプリアスを見たら、
何と音声に合わせて、スプリアスが結構出ていることを、発見しました。
キャリアでは、出ないのです。

そこからが例によって野、泥沼状態に入りました。
送信機自体を疑って手を入れたり、リニアンプ(と言っても、10Wですが)の疑えるところはすべて手を入れたりと、対策を続けました。

最後に原因を見つけました。
それは、リニアンプのファイナルTRのコレクタ−に、入っている
チョ−クコイル(FT50#62だったかな)に、Qダンプ抵抗1Kを
抱かせたところ、。スプリアスは止まりました。

自己発振していたのでしょうが、音声のみと言うところが、対策を厄介な
物にしていました。

トランジスタ−のリニアアンプの場合、コレクタ−の出力インピ−ダンスはかなり低くなります。そこへインピ−ダンスの高いチョ−クコイルをつなぐと
発振する場合が多いです。
ちょうど発振回路と同じ原理になります。
かなり低い周波数でも発振します。

チョ−クコイルのインピ−ダンスが高いと書きましたが、コイル自体に
共振点があったのかもしれません。

トランジスタ−のベ−スに、チョ−ク個入りを入れる場合も、注意が
必要です。やはり、抵抗をかませておいた方がよいでしょう。

コイルのインピ−ダンスは、大体TR側のインピ−ダンスの
5倍程度が目安でしょうか。

また実装時には、あらかじめQダンプの抵抗を、入れておき野茂いいと思います。値は、解説されたものがないので、良く分かりませんが、今回は
1Kオ−ムを入れました。発振回路で、発振が持続しない程度の
値をコイルに抱かせると、考えればいいと思います。

今回のアンプは、LCを使ったマッチングを持つ、狭帯域アンプですが、そのあたりも発振の原因があるかもしれません。
RFトランスを使った、広帯域アンプは発振することが少ないので、
そう思えるのですが。

沢山TRのリニアンプを作る機会がないので、今回は大変勉強になりました。






Back to Top
白内障の治療
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月13日日曜日13時24分

皆さん、こんにちは。

ここ2週間をかけて、白内障の手術を受けました。
現在は、養生時期で、まだメガネが作れないので、
不便な生活をしています。

最近は、パソコンを使うにも、パ-ツの値を見るのも、良く見えず
不便でした。
特に左目の視力が、急に落ちメガネが合わなくなり、右目で
見ていました。
そこで、思い切って手術を受けることにしました。

もう少しで、現場復帰できると思います。
自作が、楽しくなりそうで、ちょっと期待しています。




Back to Top
Libra7000 VFOユニット デ−タをUPしました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月5日土曜日14時48分

皆さん、こんにちは。

Libra7000に使用している、VFO関係のデ−タを、
「画像フォルダ−」へ、UPしました。

si5351Aを使ったVFOの、制御ソフトのソ−スファイルを
UPしました。
mikroC PRO用ですが、XC8への移植も可能です。

スマ−トダイアルのソ−スもありますので、ソフトが書ける人の
参考になればよいと思います。
今後、ステップ切り替えスイッチのないVFOが、主流になればと
思います。

一応ですが、著作権は、放棄していませんので。

いま、このタイプのVFOを、グレ−ドUPした、VFOキットを
考えています。
DDS−VFO時と同じように、各種設定が自分でできるように
します。
いつものように、メモリ−を1chですが儲け、立ち上がり時に
メモリ−周波数で立ち上がるようにします。
この機能は、簡単ですが、使っていると結構便利です。
基板関係は、LCDが線4本でつなげるので、依然の様な一体型
ではなく、セパレ−ト型にしようかと思っています。
ただ、一体型も、捨てがたい所がありますが・・・。

いつ頃上市できるかは未定ですが、少しずつ進めていきます。


Back to Top
ソフトにバグがありました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月5日土曜日13時41分

皆さん、こんにちは。

先日の、L型マッチング回路設計ソフトに、軽いバグがありました。

計算時の変数が、すべて「整数型」だったため、使用周波数が
高くなると、コンデンサ−の値に、誤差が出ます。
HF帯程度でしたら、ほとんど誤差は出ないと思います。
また、多少誤差があっても、コンデンサ−に計算値の値の物は無いので
実際の実装時に誤差が含まれるので、計算値に誤差が出ても、大きな
影響はないと思います。

コイルの値は、大丈夫なようです。

一応、変数を「実数型」にして、修正したものを、UPし直しました。
タイトル表示に、Ver2の表示が入っています。
気になる方は、再度DLしていただければと思います。

相変わらず、ソフト製作時のツメが甘くて、申し訳ございませんでした。


Back to Top
自作支援ソフトに、L型マッチング回路設計を追加
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月1日火曜日14時34分

皆さん、こんにちは。

今年お初めに、私が使っている、回路設計用ソフトを紹介しましたが、
今回、それに「L型マッチング回路設計ソフト」を、追加しました。

L型マッチング回路は、なかなか便利な物で、フィルタ−のマッチングその他
に利用しています。

ソフトは、Win10/11またはXPなどでも働きます。

使い方は見ていただければ、分かると思います。
このソフトで設計した回路は、可逆性がありますので、
ステップアップまたはステップダウンどちらにも使えます。
(接続は逆になりますが)

マッチングには、このL型マッチングっと、エミッタ−フォロア−が
私の製作では、よく使われます。
いろいろと、工夫してお使いください。



Back to Top
Libra7000受信機
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月31日月曜日15時11分

現在、製作中の、7MHzSSB受信機ですが、
名前を、「Libra7000」としました。
「リブラ7000」と読みます。

以前製作したフロントエンド部の、パタ−ンを新しく書き直しました。
クリスタル・フィルタ−も、いっしょに積んでみました。
いつも、6Poleのフィルタ*−を使っていますが、今回は、
8Poleにしてみました。
個人的には、6Poleのフィルタ−で、問題はないのですが、
多少再度の切れを考えて、8Poleにしました。

回路図を見ていただくと分かりますが、ミキサ−は以前「AirGoose」
を製作した時使用した、TRスイッチング・ミキサ−です。
あの時のままではなく、多少定数などを変えました。
形としては、SBMをTRでやっているのと同じになります。
スイッチングタイプなので、多少強信号に、強いと思います。
信号分配用、RFトランスが、ちょっと特殊ですが、ここはFCZコイル
の、3.5MHz、7MHzなどが使えます。信号分配なので、
7MHzと16MHzで使えそうなバイファイラ−巻きトランスなら、
なんでもOKです。

プリアンプは、抵抗NFB型アンプです。Icをかなり流して、強信号
にたいしてタフにしてあります。
TRには、2SC1815x2や、2SC2053など、ICが流せそう
なら、なんでも使えます。
50MHz帯では、前期のTRでは、ちょっと辛いので、もう少しftが
高い物を使います。

フィルタ−*の前後に、エミッタ−フォロア−を入れていますが、これは
インピ−ダンス変換用で、小信号でしたら、トランスマッチングより
手軽に使えます。エミフォロは、もっと使われてもいいと思いますが。

AD603のIFユニットとも、相性が良く、良い感じで受信テストを
しています。
VFOには、si5351を使ったものを、新しく基板を起こしました。
近々、UPできると思います。
トランス帰還形より、全然作りやすいです。





Back to Top
しろくまさんの、DC受信機紹介 その2
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月31日月曜日14時50分

皆さん、こんにちは。

しろくまさんの、Comet40の、受信している様子を
YouTubeにて、見られます。
URLを、画像フォルダ−に、UPしましたので、ご覧ください。

Back to Top
しろくまさんの、DC受信機紹介
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月28日金曜日10時48分

皆さん、こんにちは。

明石市在住の、しろくまさんの製作した、CYTEC/Comet40の
写真を画像フォルダ−にUPしました。

ケ−スが木製で、ラベリングがレーザ−を使ったもので、
今までになかった物だと、思います。
金属にも行けるのでしょうか。
なかなかかっこいいですよね。

Back to Top
T型BPFシュミレ−ション特性 JA9CDEさんより
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月24日月曜日9時59分

皆さん、こんにちは。

JA9CDEさんが、T型BPFの特性を取って、お送りいただきました。
特性は、シュミレ−ションで、取られた物です。
高域と狭域で、UPしましたので、興味のある方は、ご覧ください。

特性は、T型BPFの特徴をよく表していると思います。
フィルタ−の回路も簡単ですし、特性も良いので、もっと使われても
良いですね。

JA9CDE/とちたにさん、ありがとうございました。

Back to Top
CYコイルで作るBPF例
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月23日日曜日16時14分

CYコイル(FCZコイル)を2個使い、センタ−タップ間を、
直列共振でつないだ、BPFの例を、UPしました。

直列共振回路の定数は、適当に同調するものを選びました。
7MHzなので、コイルの値が小さいとCが大きくなるので、
使用トリマ−の値から、計算したコイルで作りました。

適当ですが、特性的にはまずまずではないでしょうか。
普通に使われている、FCZコイルx2で、コンデンサ−結合、リンクコイル
入出力のBPFよりは,ましかと思います。

FRMSの様な直視装置がある場合は、いろいろと実験してみると、
面白いかもしれませんね。


Back to Top
T型BPFの特性例
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月23日日曜日14時25分

T型BPFの特性例が、見つかりましたので、UPしました。
14MHz帯の、受信機のTopに使うつもりでした。

昔のデ−タです。測定に使用したFRMSが、Ver1.11ですから。
デ−タの日付を見ると、2008年になっています。
懐かしいです。

このT型BPFは、私の友人から教えてもらいました。
コ−ルサインから、XTVフィルタ−と、個人的には呼んでいます。

Back to Top
T型バンドパス・フィルタ−
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月23日日曜日10時27分

JA9CDEさん、皆さん、こんにちは。

T型バンドパスフィルタ−の、定数表を、画像フォルダ−へ
UPしましたので、参考にしてください。

T型は、センタ−周波数を中心に、左右が対象になります。
ただし、使用するコイルのQの影響か、多少スカ−ト特性が
甘い感じがします。
と言っても、通常は問題ない程度でしょう。

グランドへつながっている、コイルの値で単峰特性、バンドバス特性が
決まります。

いずれにしても、フィルタ−の特性に良い物を求める場合は、
段数を重ねるしかないと思います。
また、コイルに、Qに高い物を使うのもコツですね。

スプリアスに関しては、レベルが低い所で処理することと、各段の
レベル配分が大切です。
ガンガン増幅した後、フィルタ−を通しても、スプリアスは減りずらい物
です。少しずつ増幅していくと、あまり歪まないので、フィルタ−が
効きます。



Back to Top
re:2ポールbpf ad603
ja9cde(メールアドレス:投稿) 1月21日金曜日19時6分

こんにちは、
bpfとad603の情報ありがとうございます。
丁度、bpfの実験を予定しているので、いい結果が出ましたらレポートいたします。



Back to Top
re: 2ポールbpf
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月21日金曜日12時2分

JA9CDEさん、皆さん、こんにちは。

CDEさん、2Pole型のBPFは、周波数の高いほうの特性が
良くなく、対照的になりませんね。
たぶんですが、フィルタ−の形が、HPFと同じような形なので、
この様になるのではと思います。

共振回路を、直列共振回路でつなぐBPFを、見かけますが、
確かに、コイルの値がかなり小さくなったりして、いまいちですね。

このタイプで、依然やったことがあるのが、FCZコイルのタップ間を
直列共振回路でつなぐ物です。まり理由はないのですが、直列共振は
インピ−ダンスが小さいので、タップ点でつないだ方がいいのでは、と
思っただけです。ちゃんとBPFの形になりましたが、帯域幅が
結構広かったように記憶しています。
もう少し、追い込んでみれば、使えそうなものができると思います。

対処として考え付くのは、
1)3Pole型にする。やったことはないのですが、調整時、
  簡単にできるかですね。昔と違い、今は測定器があるので、
  外部である程度までは、調整できすと思います。
2)特性が対照的になるBPF回路を使う。
  T型のBPFは,特性が対象になります。T型は、あまりなじみが
  ないと思いますが、以前CYTECの受信機で、Planet40
  を作りましたが、この時使ったのが、T型BPFフィルタ−です。
  直列共振会をつく合わせて、接合点からグランドに、コイルで落とし
  ます。コイルの値で、パスバンドの形にします。
3)2Pole BPF+LPF でしょうか。
  これは簡単にできそうですね。特性もたぶん悪くはないと思います。
  私なら、これを一番に実験してみます。
BPFは、使う方も多いので、これからの課題としては、面白いと
思います。

AD603の入手ですが、今回はロ−カル局から、いただきました。
入手先は、eBayとのことです。
入手先は、
1)eBay  たくさん出品されています。購入に慣れれば問題なく
        入手できると思います。(私は、英語が苦手で・・。)
2)アマゾン  アマゾンでも、販売しているようです。
        ただ、値段はeBayより高いですが、自分が一台
        作るだけでしたら、それほど高いとは思いません。
        なじみのある購入先なので、一押しです。
        私は、まだ購入経験はありません。
3)中国の通販 ここもけっこう出ているようですが、いまいちよく
        分かりません。使ったこともありません。

AD603のIF回路は、段間にコイルを使っていないので、調整がなく
その点は、とても良いですね。
私は、L型マッチング回路で、つないでいます。直接でもたぶん行けると思いますが、気分で使ってみました。
最後の出力も、エミフォロを使っています。出力インピ−が低いので、
ここはエミフォロが受けやすいと思い、使いました。

CDEさん、長くなりました。


Back to Top
2ポールbpf
ja9cde(メールアドレス:投稿) 1月19日水曜日19時44分

こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
私は、現在 送信ミキサー(信号2M、VFO5M)の後段に挿入するBPFを検討していますが、トロ活の2ポールBPFでは高域部が40db程度でダラダラ特性になってしまいます。
信号スルーラインが、コンデンサのみで高域成分はスルーしてしまうのでしょう。
スルーラインにも共振回路を挿入するBPFが良さそうですが、なかなか実現できそうな値になりませんね。
2ポールBPFの用途としては、RXフロントエンドなどでしょうか。

AD603の紹介もありがとうございます。興味はありますが入手先を教えて頂ければ
幸いです。

Back to Top
チョ−クコイルを使用したハムバンドBPF定数
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月18日火曜日10時48分

皆さん、こんにちは。

画像フォルダ−に、チョ−クコイルを使用した、各ハムバンドの
バンドパスフィルタ−の定数表を、UPしました。
pdfファイルになっています。

チョ−クコイルは、Qが低いので、すそ野が広がります。
また、2Pole型のLPFは,周波数が高いほうの
減衰が甘くなります。

利点としては、コイルの製作がなく、お手軽に作れます。

50MHzの需要があると思いますので、時間を見て実験してみます。
ただ、値の小さなチョ−クコイルは、無い訳ではないのですが、
入手が難しい面があります。
この辺りは、トロイダルコア−を使った方が、いいと思います。

用途によっては、十分使えますので、覚えておいてください。

Back to Top
10Kボビンにコイルを巻きました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月15日土曜日17時17分

皆さん、こんにちは。

今日は、約15年ぶりぐらいに、10Kボビンに、コイルを
巻きました。
正確には、10Kコイルを、巻きほどして、巻きなおしたものです。

昔は、秋月さんでも10コイルのジャンクを、売っていて、それを
希望する周波数のコイルに、巻き直した物です。
これは、大体30年ぐらい前だった思いますが。

40年ほど前から、FCZコイルがあったと記憶していますが、
その後自作には、FCZコイルが使われるようになりました。

若いころは、本当によくこの巻き直しを、やりました。

今日、久々に巻き直しをやったところ、目が見えなく、手もうまく
動かず、やっとの思いで巻きました。
いや−、年月が過ぎると、できなくなるものですね。
最近は、CYコイルに頼り切っていました。

コイルを巻き直して、製作したのが、2PoleタイプのBPFです。
通常、この手のコイルにはトロイダルコア−を、使ったりしますが
私は、代わりにチョ−クコイル(マイクリンダクタ−)を、使います。
これでも、大体は間に合っていますが、Qが低いのか、周波数が
高い所の減衰量が、大きくは取れません。
今、7MHzの受信機を、手掛けていますが、TopのBPFにもう少し
切れが良い物が欲しくて、コイルに10Kコイルを使ってみました。

以前、CYコイルでBPFのデ−タを、公開しましたが、7Kより
10Kのほうが、Qが取れるかと思い、10Kコイルを使ってみました。
たぶん、大きな違いはないと思いますが…。

なぜ、Qが取れるトロイダルコア−を使わないのか、単純に巻くのが
大変だからです。
高性能を求める方は、初めからトロイダルコア−を使うべきです。
しかし10Kコイル仕様と、それほど大きくは違わないと、思いますが・・。

Cエンドタイプとは、良く10K/7Kコイルで、BPFを作ったものを
見ると、入出力にリンクコイルを使っています。
これでは、Qが低くなり、まったく切れの悪いBPFしか作れません。
そこで、リンクコイルをやめ、入出力にコンデンサ−を使い、普通の
2Pole型BPFを作るのをお勧めします。
この方が、全然特性が良くなります。

今回のCend型BPFと、コイルにチョ−クコイルを使ったBPFの
特性を、画像フォルダ−にUPしました。興味のある方は、ご覧ください。

コイルのQが高くなると、切れが良くなります。
トロイダルコア−を使うと、もう少しよくなると思いますが、あのコイル
巻きは、ちょっと手が出ません。
多少は悪いかもしれませんが、お手軽なほうがいいですね。

ここの所、AD603x2 IFユニットの、実働テストをしています。
ついでに、BPFなどを一緒に見直しています。
IFユニットは、なかなか良い感じです。
特にSメ−タ−の振れ方は、結構いけます。(回路的に温特が悪い気がする)

しかし、このICでなくてはと言うところは、感じられませんね。
IMDが良く、音も良いなどと言われていますが、人間は測定器ではない
ので、はっきりと分かりませんね。私だけかもしれませんが。
なんでもそうですが、広告を盲信しては、だめだと思います。
自作機を使うのは、人間なのですから、多少いい加減でもよいのではないで
しょうか。楽しく製作できるものが、一番です。個人的意見ですが・・・。


Back to Top
AGCのドライブ回路
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月11日火曜日14時7分

皆さん、こんにちは。

今日は、AGC回路を動かすための、ドライブ回路をいくつか紹介して
見たいと思います。

大きく分けると、トランジスタ−使用と、OPアンプ使用です。
また、AGC電圧が設定電圧から、下がるタイプと、上がるタイプが
あります。
それぞれの組み合わせで、回路図を「画像フォルダ−」へUPしました。

これらの回路は、私が実際に使ったもので、一応実績があります。
今回の、AD603x2のIFアンプにも、使用しています。

これらの回路は、制御するデバイスによって、多少定数などを変える
必要があります。あくまで、参考回路です。

1)設定電圧にならない場合は、設定用VRに関係する定数変更
2)時点数に関する、定数変更
などでしょうか。

OPアンプは、結構使われていますが、意外と部品数も多く、
OPアンプ自体の入手などでつまずく場合もあります。
OPアンプで使用するには、MOSFET入力タイプの、OPアンプが
良いです。
入力抵抗が高いので、時定数用コンデンサ−の値を小さくできます。
時定数が大きくなっても良いならば、一般的なOPアンプでもOKでしょう。

OPアンプを使って、「設定電圧から下がるタイプ」を作る場合は、
結構面倒な点があります。
それは、電圧の変化を反転させる場合、反転アンプに、設定電圧と
同じ電圧を加えないと、動作しないからです。
たぶん、もっと良い方法があると思いますが、私が実験したところでは
2回電圧設定が必要でした。

トランジスタ−のドライブ回路は、OPアンプからすると、
頼りないように見えますが、実際のドライブ能力はけっこう高く、昔からの
実績もあります。
欠点としては、ダイナミックレンジが大きくは取れないので、AGC電圧
変化が、5V以内ぐらいが実用的でしょう。
それと、TRの入力抵抗値が低いので、時定数用コンデンサ−の値が
大きくなることが、欠点です。
今回のAD603の場合は、470uFと言う大きなコンデンサ−が
必要でした。
TRの入力部に、直列に入っている抵抗の値を、大きくしても
リリ−ス時間は長くなりますが、レスポンスが多少悪くなる感じがします。

TRはなんでも良く、入手に関しては問題ありません。
これは、良い所です。

IF回路からドライブ回路の間に、プリアンプを入れる場合と、無い場合が
ありますが、Sメータ−の低い位置での振れに影響します。
プリアンプが入っていた方が、信号が弱くても、振れます。
もちろん、Sメータ−を、AGC電圧で振らせている場合ですが・・・。
AGCドライブ回路にゲインを持たせても同じだと思いますが、
TRの場合は、ゲインを持たせるのが難しいので、外部にアンプを
用意します。

良くAGC回路は難しいと言う方がいますが、論理的に考えれば難しいですが、実際に実現できるものは限られているので、聞いて音が歪まなければ
OKとしたぐらいでもよいのではないでしょうか。CYTEC流です。
(まあ、不満はいつもつきものですが・・。)

デバイスからAGCには、何が良いかと話は出ますが、それをコントロ−ル
する部分については、ほとんど話題になりません。
自動制御は、どちらもあってのことだと思います。
制御回路は、簡単で確実に動くものがいいですね。


Back to Top
現用、PCBE用パ−ツライブラリ−
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月4日火曜日16時47分

皆さん、こんにちは。

ついでですが、現用で使用している、PCBE用パ−ツライブラリ−を
公開します。
パ−ツライブラリ−と、PCB.INIファイル(環境設定)を同封します。
環境が変わると正しく表示されないかもしれませんので、こちらも
お使いください。

この設定ファイルは、各レイヤ−名が変更されていますが、基板を製作する
場合に適合するよう順番は変えていません。
後ろの方のレイヤ−は、個人的に便利に使うための物です。
使わなければ、ならないという物ではありません。

DL後解凍して、PCBEと同じデイレクトリ−に置き、ソフトから
ライブラリ−を設定してください。前の、PCBE.INIファイルは
リネ−ムして保管しておくといいですね。

これも、私が使っている物なので、ご希望のパ−ツがあるか分かりませんが
現時点では、これですべての基板を設計しています。

トランジスタ−の2SC1815などは、「とらんじすた−TO92型」
とネーミングしています。
パ−ツライブラリ−の中身を見るのは、「PcbeLibView.exe」を
使うと見えます。検索すると、見つかるかもしれません。

最近は、KiCADなどが、流行していますが、どうも私には使いにくく
お絵かきソフトのPCBEのほうが、使い良いです。

PCBEを使って、中国への発注もできます。
ご利用ください。



Back to Top
自作用各種計算ソフト Cytec製
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月4日火曜日16時21分

皆さん、こんにちは。

お正月に、LPFとT型フィルタ−の設計ソフトを作ると
書きましたが、どうにかできました。
ついでに、以前作ったソフトを、改めて実行ファイル化しました。
これら、6本のソフトを、zipファイルにしたものを、
「画像フォルダ−」から、ダウンロ−ドできるように
しました。

内容は、
1)FCL関係式    周波数、コイル、コンデンサ−のどれかを求める
2)VFOタンク回路設計  バリコンの容量からVFOタンク回路設計
3)CYコイル周波数シフト  コイルを他の周波数で使う
4)XC,XL計算  周波数におけるXC、XLを求めます。
5)簡易型C分割設計  チョ−クコイルで同調回路を作るときのツ−ル
6)フィルタ−設計  定K型LPF,T型フィルタ−の設計

ソフトは、私が使うために作ったもので、多少使いにくい所があると思います。使い方の説明は、入っていませんが、たぶん直感で使えると
思います。

製作には、スクリプト言語の「HSP3.6」を使っています。
この言語は、Windows上で動くソフトを、簡単にできるので
愛用しています。
作り方では、かなり立派なソフトができますが、私はそこまでは
勉強していません。
なお、初期のFRMSの、PC側ソフトは、このHSPで書かれて
いました。

今後、L型マッチング回路の設計を、作ります。
このマッチング回路は、結構便利に使っています。
今回の、AD603x2 IFユニットにも使用しています。
今使っている物は、驚くことにBasicで書かれたものを、
Win上で動かしています。もちろん、Basicの形そのものでは
ありません。もう古くて、時々動かないときがあるので、移植します。

回路定数の計算は結構大変で、おの様なツ−ルがあると、かなりはかどります。CYTECは、ほとんどこのソフトで、開発しています。
興味のある方は、どうぞお使いください。

Back to Top
おめでとうございます その2
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月2日日曜日21時14分

冨川さん、あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

冨川さん、早速作品を拝見しました。
この当時は、冨川さん基板を起こしていましたね。
とても、真似のできるものではないと、思っていました。
今でも、切り抜き記事は、大切にしています。
ずいぶんと、刺激をいただきました。hi

Back to Top
おめでとうございます
JE1UCI/冨川(メールアドレス:投稿) 1月2日日曜日11時58分

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

「思い出の自作品ア−カイブス」に思い出の作品をアップしました。
始めてハムフェアの自作品コンテストに入賞した作品です。
内部のニッカド電池の液漏れによってサビが出てしまい、昨年廃棄しました。
再利用できる部品も殆どありませんでした。


Back to Top
あけましておめでとうございます。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月1日土曜日16時34分

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨年から始めた、居間のかたずけが終わらず、
今年はかたずけから始まりました。

お正月休みに、一応計画しているのが、
LPFとT型フィルタ−の、設計ソフトを作ることです。
今まで、人様のソフトを使っていましたが、配布が
できないので、自前の物が欲しいと思っていました。
簡易型となりますが、できれば便利だと思っています。
飲みすぎなければの、話ですが・・・・。

では、良いお年をお迎えください。

      2022  CYTEC




Return