情報の泉

CYTEC

by JE1AHW

自作の話題,FRMSについての質問はこちらでどうぞ

画像情報もあわせてご覧下さい.”情報の泉”画像フォルダー”



「投稿」を省略すると送信されません。「投稿」の文字は変わる場合があります。
お名前(必須)
「投稿」を記入
タイトル(必須)
コメント(必須)
Back to Top
CB340
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月22日土曜日0時8分

内田さん、皆さんこんばんは。

スッテプの件、ありがとうございました。

CB340いよいよですね。
40mは、コンディションが良いようで悪いような?はっきりしない感じですが
全く聞こえない日は無いので楽しいです。

6mのEsもやっと出てきたようです。
1EL Delta Loop の試作品を作り仮設をしました。
ワクワクしながら リグ電源ONしたらEs!です。
これにはさすがに、驚きと言うか軽く動揺です^^。
1.0Wで九州の方と交信ができ、喜んでおりました。
近況まで。

では、よろしくお願いいたします。

Back to Top
re:スタート周波数、その他
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月21日金曜日17時30分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

DDS−VFOは、電源ONスタ−ト時、
1)7.1MHzからスタ−トします。
2)ステップ周波数は、100Hzです。

以上の設定で、PICへ書き込み、キットのパッキングを行って
います。
LCDの左上に、コ−ルサインが入れられますが、デフォルトでは
何も表示しません。運用周波数と、ステップ周波数のみの表示と
なっています。
コ−ルサインなどの、表示書き込みは、ご希望があれば、出荷時対応
したいと思います。(はじめ、CB340を表示するようにしようかと
思いましたが、好みがあるのでやめました。)

現在、DDS−ICを基板にハンダ付けしています。
かなり、しんどい作業です。

キットの説明書は、印刷物としては、組み立て時の注意点、組み立て用
パ−ツリストのみになります。
それ以外は、付属CDの中に、三つのパ−トに分けて、デ−タを入れて
置きますので、目を通してください。

キットは、宅急便使用となります。これは、キット自体が、三つのキット
からなっています。郵送では遅れないので、宅急便にしようと思います。

それから、今回のChatBase340のキットは、総数で30set
のみとなります。これは、クリスタルなどの部品の関係が主で、ほかには
キット製作が大変なためです。

いよいよメインボ−ドの部品発注になります。
積層コンデンサ−は、秋月さんの10個入りを使い、そのままの形で
パッキングします。少し余る形となりますが、お許しください。
(ほかの部品でも、同じような形をとる場合があります。)

今月中には、リリ−スできると思います。




Back to Top
スタート周波数、その他
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月19日水曜日9時29分

内田さん、おはようございます。

最近は暑いのか、肌寒いのか、微妙な気候であります。
この時期は、着るものに悩みますね。

ステップ周波数のご対応ありがとうございます。
100ですと、使いやすいと思います。

スタート周波数、承知しました。
センターからでお願いします。
7MHzの100より上の拡張の所は、1度しか聞いた事がないので 今から聞きながら雰囲気をつかみたいと思います。

後ろの端子、リニアのスタンバイだったんですね。了解です。
自宅からですと、電源の問題が全く無いのでリニアは欲しくなります。
昔、フルサイズDPと10Wはよく飛んでくれました。

真空管は未知の世界です。
ほんとに光る物なのか、見てみたい気はします。
ちなみに真空管ファイナルのメーカー機は有りますが、今年こそは修理に出そうと思ってます。^_^;。

印刷物は、メールなどでも構いません。
容量的に問題がある時は、ファイル転送サイトでもOKです。

タップ切り、お疲れさまでした。
ありがとうございます。

よろしくお願い致します。

Back to Top
re:スタート周波数 &タップ下穴
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月16日日曜日18時19分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

今日は、夏のような気候でした。昨日は、夕立でアタフタしました。
なんとなく季節の移り変わりが、あわただしいですね。

CB340の、スタ−ト時のステップ周波数は、「100Hz」にします。
ソフトを書きなおします。

スタ−ト時の、周波数はどうでしょうか。
「7.1MHz」からのスタ−トは、使いにくいでしょうか?。
今まで、DDSにしろPLLにしろ、必ずロ−側のバンドエッジから
始まっていました。今、バンドセンタ−からのスタ−トで使っていますが、
私としては、あまり違和感を感じていません。エンコ−ダ−の分解能を
考えると、100Hzステップで使うとすると、バンドエッジからよりも
使いやすいと思いますが。また、CB340が、SSB専用機とした場合
バンドセンタ−のありだと思います。


バンドエッジと言えば、ロー側のバンドエッジが、7.0015MHzになる
と言いましたが、この周波数で、SSBを出すと、7.0015MHzで
バンド内に出ます。(LSBなのでオフバンドになりません)

CB340のリアパネルに、RCA端子が一つ付いていますが、
これはリニアアンプのスタンバイ用に付けてあります。
CB340の再度バンドサプレッションやキャリアサプレッションを
考えると、100Wは難しいですが、多少はパワ−がほしいので、外部に
リニアアンプを付けようと思っています。
出来れば、真空管でやりたいですね。

タップの下穴の件了解です。
今回の放熱器は、固くもなく、粘りもなく、単なるアルミ材と言う感じ
です。2.7mmで下穴をあけると、軽くタップが切れます。
オイルは付けたほうがいいでしょうね。後から洗わなくてならない所が
ちょっと面倒ですが。 面倒と言えば、タップ切るのも面倒ですよね。

CB340のキットに付ける説明文で、印刷物はなるべく少なくしようと
思っています。CDを付けますので、必要なことはそちらを印刷して
もらうというのは、いかがでしょうか。
とにかく、全部を印刷して付けるのは、大変です。
CDのファイルは、pdfファイルにしています。

今日あたりから、パ−ツリストを見て、在庫を見て、発注書を作り出し
ました。いよいよ発注しようと思います。




Back to Top
タップ下穴
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月15日土曜日2時52分

内田さん、再度おはようございます。

ミリネジ並目 3mmの場合は、通常下穴はΦ2.5〜2.6位になります。
                (Φ2.46〜2.60)
3mmはネジピッチが0.5なので、単純に3から0.5を引いた値で大丈夫です。

しかし、金属の材質や加工する機器によっても若干微調整はします。
ハンドドリルの場合などは、0.1mm程度大きくなる可能性もあります。
ぶれてしまいますので。

3mmはタップがとても折れ易いので気を付けて下さい。
アルミなんかは柔いですが、粘りがあるので、できればタップ用のグリスなどを
付けますとかなり楽に切れるようになります。
タップのグリスは中々無いと思いますので、エンジンオイルなんかでも
少量付けると良いかもしれません。
ドライな状態でのタップ切りだけは、避けた方が良いかと思います。

放熱板は、アルミだと思いますのでΦ2.7ドリルを選択されたのは正解かも知れません。
全く力は掛からない所なので、浅めのタップで十分かと思います。

アルミ材にM3!怖い組合せですので、気を付けて加工されて下さい。

Back to Top
re:スタート周波数
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月15日土曜日2時28分

内田さん、おはようございます。

運用周波数を中心、了解しました。
内容を良く理解せずに書込みをしましたので、気になさらないでください。

スタートステップですが、100が希望ではありますが あまり面倒なときは
第二希望で10Hzかと思います。
確かに1KHzステップは辛いものが有るかも知れません。
でも、stepってボタン押すだけですから大丈夫です。

トランスバーター!良いですね。(気が早すぎですが)
7Mhzを親機に、お隣の14や一気に50なんかも最高です。
またお写真の話題になってしまいますが、CB340の背面パネルに
配線の無い端子が一つありました。
ずっと気になっておりました。
もしかして、ここからトランスバーターかな?想像を膨らましておりました。

設計された方は、着眼点が違います。
DDSってほんとにいいですね。

その他は、今のところ思い浮かぶ所はありません。
内田さんの作業がしやすい内容で構いませんので。

今回の私のコンセプトは、外に持出したくなる無線機!
今まで作った機器は、ご老体なので怖くて持出せません。笑。
交信だけが目的の移動運用ではなく、聞く、呼ぶ、楽しむ(自作ANTとか)、
時にはワンコも連れて、みたいな感じです。
交信局数とかには、こだわりがありません。
遠くに飛んでほしい気持ちはありますが。

それでは、よろしくお願いいたします。

Back to Top
re:スタート周波数
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月14日金曜日18時7分

うめつさん、こんにちは。

電源ON直後の、ステップ周波数は「100Hz」が良いとの
ご意見、了解しました。
これですと、100Hz−>10Hz−>1Khzの変化になります。
ロ−タリ−エンコ−ダが、秋月さんの物ですと、100Hzからですと、
結構大変です。しかし、1KHzですと受信できない(しにくい)のも
確かです。
現在、私はエンコ−ダ−に一クラス上の物を使っています。
そのため、100Hzからのほうが、具合が良いです。
一応、100Hzから、始まるようにします。
ほかに、ご意見がありましたら、お聞かせください。

バンドエッジの表示を、7.000MHzにすることもできますが、
運用周波数と、1.5KHzほど表示がずれます。
今回、運用周波数を中心にしたため、バンドエッジが、ちょうどの表示に
なりません。上のバンドエッジも違うはずですが、バンド幅を500KHz
に取っているので、気になりません。
(500KHzに取っているのは、トランスバ−タ−の親機になればと
 思ってのことです。また、せっかくDDSを使うわけですから200Khz
 蚤のバンド幅はもったいないと、思ってのことです)

昔のメ−カ−性の無線機は、メインダイアルのところに、1.5KHz
ずれた目盛りが表示してあり、そこが運用周波数でした。
これと全く同じ原理で、LCDを表示しています。

これは、運用周波数を中心にしたほうが良いと思いますが。
いかがでしょうか。

今回、ご意見を聞くのはDDS−VFOの設計が、完全に組み込みタイプで
設計してあるため、後からのソフト変更が結構面倒になるからです。
今回は、ISP端子も付けていません。
そのため、初めに意見を聞いて、それで発送しようと思ったからです。
多少でも、使いやすい物を提供したいですね。





Back to Top
re:スタート周波数
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月13日木曜日16時59分

こんにちは、内田さん、皆さん。

スタートのステップは、私も100は賛成です。

スタート周波数ですが、好みとしましては 7.000.0の表示が見てみたいです。
特に深い意味は有りませんが、下から上へとパトロールしますので 私の場合は
低い方がいいですね。
メーカー機にも、下限値からスタートする設定が有ればいいなぁと良く思いましたが
これが無いんです。
電源ONで、設定値からスタート 需要が無いのでしょうね。

個人的な勝手な話しばかりで、恐縮です。
しばらく、おもむろに聞いてから 出るかやめるかのタイプなので
そんな感じになります。

だだ50だけは、シーズン中にノイズだけでも チョコっと出たら
猛烈パイル??実はEsがひそんでいた なんて面白い事もありました。
滅多には有りませんが(^^)、楽しいですね。
昔とは違い、ビーコン並みにアクティブな方が減ったからこそ
の現象かも知れません。

もうすぐ、HFも、VHFも、楽しい季節になりますね。
国内電離層反射、今年も楽しみです。

Back to Top
スタ−ト周波数
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月11日火曜日14時56分

皆さん、こんにちは。

ChatBase340で、決めかねていることがあります。
それは、電源ONしたとき、7MHzのどこからスタ−トしたら
いいかです。
以前は、ノ−マルに7.0MHzから始めていましたが、なんとなく
高い周波数まで行くまでが面倒に感じて、現在は、7.1MHzを
スタ−ト周波数にしています。
この辺りは、好みの問題なのでしょうね。
ステップは、1KHz−>100Hz−>10Hzで1KHzからです。
これも、個人的には、100Hzスタ−トがいいと思っていますが、
どうでしょう。

まだ誰もChatBase340は使った方がいないので、たぶん決めかねる
と思いますが。

また、現在運用周波数に合わせている関係上、下の下限は7.0015MHz
になります。ここでリミットします。
これも、個人的な好き嫌いが出るところでしょうね。
私は、SSB機として割り切り、運用周波数を合わせたほうがいいかなと
思っています。
どうでしょうか???。


Back to Top
re:基板の訂正
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月11日火曜日14時31分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

今日は、朝から雨です。4月でこのように天気が悪いのは、あまりなかった
様な気がしますが。

>>基板画像を拝見しましたが
>>昨年12月のプリントパターンを見ますと
いや−、よく見ていますね。
普通、よほど見ようと思わなければ、気が付かないと思いますよ。

今度の放熱器は、取り付け穴にタップが切っていないんです。
2.7mm(だったか?。)のセルフタッピングビスで、固定します。
穴はそれほどずれていませんが、はじめ、ちょっと斜めにビスをしないと
穴に入らない上に、セルフビスなので、力がいるため取り付けにくく
なっています。グッっと力を入れて、ビスを回してねじ込めば、
問題なく放熱器が付きます。
取り付け穴を大きくすれば、良かったのですが、セルフビスの頭が
それ程大きくないので、ピッタリに指定しました。
この辺りが、電気屋はよくわかっていません。sry

ついでですが、ワッシャを付けましたが、これは、ビス頭に使うのではなく、
基板と、放熱器の間に入れて、少し放熱器を基板から浮かしてください。
これは、基板の表の放熱器が付くあたりに、電源ラインが走っています。
レジストがかかって居おるので、よほど無理をしなければ、ショ-トはない
と思いますが、念のために浮かせてもらいます。
なんか、ますます取り付けにくく感じますね。いやそれ程でもないのですが。

放熱器ネタですが。今回の放熱器は、なんとTRを付ける穴が、開いて
いません。そこで私が穴をあけて、タッピングしようと思っています。
3mmのねじを切るのに、下穴は2.7mmで、OKでしょうか?。
ドリル買うとき、2.6mmと悩みましたが、2.7mmに決定。
下穴の径は、ビスに対してどのくらいなのでしょう。
それにしても、今回の放熱器には、苦労させられます。
もし、ブスががばがばで止まらない場合は、3mmで貫通して、ビスナット
でFETを止めてください。(注意書きに書き忘れています)


Back to Top
基板の訂正
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月9日日曜日21時16分

内田さん、こんにちは。

マニュアル製作、お疲れさまです。

基板画像を拝見しましたが、放熱器の穴位置がかなり移動してたんですね。
穴径は、3.3〜3.5mm位かなぁと 勝手に推測しておりました。

昨年12月のプリントパターンを見ますと、穴位置変更で左右のパターンも変更されているような気がしました。

穴は1mmもずれれば、まず取付はNGかも?なんで、コンマ代のズレかと思います。
C18の所が辛そうですが、例えば両穴0.5mmアップなんて可能でしょうか?。
割れやすい様な気もしますので、タップハンドルかなんかに切れるドリルを付けて、地道にガリガリしか無いかも知れません。
FETとの位置関係も気にしつつ。
これもまた、自作らしくて良いと思います。
パターン上可能なら、やって見たいとも思いました。

7mmのジャンパー線、承知しました。
残念なお気持ちは、お察し致します。
でも、お一人だから すごくわかる気がします。

CADは、商売道具^_^;、時には自宅の模様替えなんかにも重宝します。
精度の高い模様替えかも知れません。笑。

もし、パターン設計のCADで DXFへの変換が可能でしたら是非ともお願い致します。
基板、表示器などデータがあれば、とても楽になります。

私は、内田さんの高周波回路設計技術、バックデータから改善、対策をする技術、いつも羨ましく思っております。

Back to Top
基板の訂正に関して
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月8日土曜日17時53分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

うめつさん、基板訂正部が見つかりました。
大きな間違いではないので、説明書に訂正方法を書きました。
でも、少しがっかりです。
私も、A型なんですが・・。やはり一人ですべてをやっていると、
見逃しが出ますね。

1)メインボ−ド基板
  放熱器を止めるための穴の位置が、ほんの少し広かったので、
  放熱器を止めるタッピングビスを、少し斜めにしないと入らない。
  一度ひっかかり、入ってしまえば、ちゃんと止まります。
2)DDS−VFO基板
  PIC/LCDへ行くラインのジャンパ−線が、基板上になかった。
  見落としでラインができませんでした。ここは、2カ所のランド間に
  ジャンパ−線を配線していただき餡巣。距離にして7mm!。
  惜しかったです。

メイン基板は、実際に組み立てテストをしていませんが、これ以上の問題点はないと思います。前回、手作り基板ではなく、外注基板で組み立てテストを
行ておいてよかったと実感しています。開発費用は掛かりますが、早道
になると思います。

今日は、時間を見て「調整の説明」関係を書き出しました。

−・・・−
うめつさん、図面が本格的で、びっくりしました。
以前、ケ−スなどをCADで書こうと、挑戦しましたが覚えられません
でした。CADで構造物が書けると、GOODなのですが…。

Back to Top
基板見ました。
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月8日土曜日10時35分

内田さん、おはようございます。

基板、見ました。
シルク印刷のある基板は高級感が違いますね。
こんなに立派な基板、私、殆ど経験がありません。
組立も楽そうです。

SSBなのに、一見部品点数が少なくも感じました。
それも魅力の一つです。
バンドフルカバーなので、受信も楽しめると思います。

私は、a型のせいか 部品付け間違いだけは一度も無いんです。
コイルの手巻きなんか、何度もなんどもシツコイくらいテスターで確認しないと、怖くて付けられない程の臆病物です。

でも、完成後のちょっとした部品交換は有りましたね。
この基板の場合、外す時は難しいのでしょうか。
初心に戻ってご質問させて頂きました。

穴ピッチの多少の違いは、私ベテランです。
いつものことで有ります。
お任せ下さいませ。

本当にシンプルで良いですね。

Back to Top
ChatBase340の基板が完成しました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月7日金曜日13時5分

皆さん、こんにちは。

ChatBase340のキット用の、基板セットができました。
画像フォルダ−に、UPしましたので興味のある方はご覧ください。

今回の基板では、メインボ−ド基板で放熱器の取り付け穴位置が、
ちょっと広すぎました。決定的なミスではないのでよかったのですが、
多少取り付けにくくなっています。

キット用の基板ができたので、本来はもう一度組み立ててチェックしな
ければいけないのですが、もうすでに3台も製作しているので、
ちょっと手が出ません。かなり入念にチェックしたので、大丈夫だと
思います。(と言っても、一人でやっていると、思い込みからミスが
見つからなかったりします。)

今回のキットは、製作時一番初めにやっていただくのは、放熱器を
基板に取り付けて、取り付くのをチェックするのと、なじませる事
です。他の部品をハンダ付けした後では、取り付けにくいので、
ぜひとも一番初めにやっていただきたいと思います。

基板ができると、やる気が出ます。


Back to Top
re:二輪車
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月4日火曜日18時51分

うめつ@仙台さん、皆さん、こんにちは。

うめつさんは、バイクが好きだから、さっそく来ましたね。(笑)

>>私16の頃は、カワサキZ400FXに乗っており
うめつさんは、バリバリだったんですね。私の16歳のころは、
全然興味がなく、もっぱらアマチュア無線でした。
うめつさんに、わらわれそうですが、私は自動2輪の免許は持っていません。
なにせ、色白いアマチュア無線家でしたから・・。
でも、大人になってちょとバイクに触れる機会があり、結構バイクが好きに
なりました。
免許を取ればよかったと、最近では思います。でも、もう年なので250ccぐらいが精いっぱいでしょうね。

セパハン、バックステップ、集合管などの特殊用語は、興味のない方には、
何の意味か分からないでしょうね。

YouTubeで見る吉村さんたちは、すごい人だと思います。
本田宗一郎さんも、知ってみたらすごいと思いました。
(個人的には、最近のHONDAは、つまらなくなったと感じています。)
とにかく、夢中になって進んで行くと言う事がなくなった今では、
その人たちの生き方に触れると、懐かしさと感動を感じます。
昔は、本当に少しですが、何かにがむしゃらな時があったですね。

ダイエ-で、電子パ-ツを販売していたのは、知りませんでした。
見てみたかったですね。うちのほうのダイエ−は、秋葉が近いので、全然
そのような販売はなかったですね。

今日も、少し編集が進みました。まだ、ブロックダイアグラムや調整用の
説明書、その他図面を作らないといけません。まだまだですね。

では、今日はもう閉店します。定時ですね。



Back to Top
二輪車
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 4月4日火曜日13時35分

内田さん、みなさんこんにちは。

ホンダ、カワサキ、ヨシムラ、モリワキ、懐かしいですね。
二輪の話になったら、もう止まらなくなります。
今はおとなしく、シングル空冷250ccに乗ってますが 今一つであります。

ポップヨシムラは、プロジェクトXでも紹介され 感動でかなり熱くなりました。
情熱が半端じゃないです。
ヨシムラさんとモリワキさんがご親戚ってのも驚きでした。

私16の頃は、カワサキZ400FXに乗っており 当時身長が160程度で足付きが
かなりまずい感じでした。
まだあの名車、CBX400Fが出る前の話です。
ヨシムラやモリワキの芸術品とも言える集合管は高根の花で、
二流三流メーカーさんの集合管で我慢した記憶があります。
セパハン、バックスッテプに至っては、ノーブランド^^、全て自分で手を加えました。
今でも所有していれば、100万円オーバーの車体ですね。
当時は、ダイエーさんで集合管やセパハンが売っておりました。
ちなみに、昭和の頃??ダイエーさんに巨大電子パーツショップがあり、自作1号機は
殆どダイエーさんで部品購入をしました。144FMのPLLです。


ChatBase、最後の仕上げ作業、お疲れさまです。
一人でも多くの方が、完成されると良いですね。
作るって夢がありますので。

最後に、
前から構想していた、F9FTの図面をトキワ荘にアップしてみます。
移動向けにちょっとした工夫がしてあります。かなり安価に!
これからの季節、予定されている方もいるかも知れませんね。
良かったら見てみて下さい。

Back to Top
オ−トバイの世界
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 4月2日日曜日18時42分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

うめつさん、ChatBaseの作業状況ですが、パ−ツリストが2種類
2品目についてできました。現在、メインボ−ドの「組み立て時の注意点」
を書いています。年のせいか、書くのが結構大変になりました。
基板は、外注に出しました。部品購入はまだです。
今月末までには、リリ−スしたいと思っています。

ここのところ、気晴らしにYouTubeにはまっています。
表題に書きましたが、オートバイ関係が面白いです。
ホンダ、カワサキ、ヨシムラ、モリワキなどを見ています。
オ−トバイが好きな人なら、これらの名前はご存知だと思います。
それぞれ、レ−シングバイクの世界では、名が知れています。

私たちは、電子工作をしていますが、物を作るという点では、エンジン関係
に見るものがあります。とにかく、その情熱には、脱帽です。
開発物が面白く、ついつい見入っています。
全然興味にない方には、何の話かと思われるでしょうね。

最近知ったバイクに、ホンダ、RC166というのがあります。
250ccで、なんと6気筒です。こういうのって、好きですね。笑

だいぶ話がずれましたが、たまには違うジャンルも、面白いかなと
思い書いてみました。

みなさん、ものつくりに情熱をかけましょう。


Back to Top
祝 完成!
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 3月30日木曜日9時22分

内田さん、皆さん
おはようございます。

今回も早い上に、素晴らしい完成度ですね。
ちなみに、私も加工は好きです。
がしかし、出来栄えがいつもお粗末な結果となります。
見せるセンス迄は、まだまだ到達しておりません。
もっと高い山にこもらなくては^_^。

色々ご苦労もあったと思いますが、まずはおめでとうございます。

最も自作の多い50mhzとは違い、7mhzではかなりのインパクトがあると思います。

コンディションが悪いとはいえ、いつも聞こえる所が良いですね。

Back to Top
ChatBase340が完成しました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月25日土曜日18時25分

うめつさん、皆さん、こんにちは。

うめつさん、書き込みをしていただいたのに、返事も書かずに
すいませんでした。

山にこもって、ChatBaseのケーシングと、トラブル対策を
していました。笑

ようやく、本当にようやくChatBaseが完成しました。
写真を、画像フォルダ−へUPしましたので、ご覧ください。

今回、ケ−スには、アイデアルのTC−200を使いました。
このケ−スは、HAYABUSA6に使ったものと同じです。
(なんとなく、シリ−ズでそろってきました。)
できてみたら、ケ−スの色がいまいちだったかなと、思っています。
でも、時にはこのぐらい派手なものも、いいでしょう。

ケ−スは、フロントパネルが2重になっていて、ビスの頭などが出ない
様にできます。それだけに、LCDの窓を抜くのが、大変でした。
エスカッションも含めて、3個も窓を開けました。
このようなケ−ス加工(板金加工)は、結構好きです。
基板ができたときも、ウキウキしますが、板金加工をやっているときも
ウキウキです。

今回、ケ−スにテプラで文字入れをしていましたら、テプラが壊れました。
仕方ないので、新しく購入したりして、余分な出費がかかりました。
新しいテプラには、以前の文字スタイルがなく、がっかりです。
気に入って使っていたのですが…。

今回ケ−スに入れてから、トラブルを発見しました。
BFO部がわずかですが、異常発振をしていることがわかりました。
この対策は、VXO用のチョ−クコイルに、パラに抵抗を入れて、
バイアス関係を見直し、発振強度を下げました。
初めの実験時、うまく働いたので、そのまま定数を使っていましたが、
基板にして、ケ−スに入れると、また違ったトラブルが出てくることが
あります。この手のトラブルは、結構打撃が大きく、全く気持ちが
へこみます。

時々書きますが、「思い込み」は絶対に、だめです。
良いと思っても、もう一度考えたり、動作を観察したりしてみてください。
トラブルがあったら、面倒でも、立ち向かってください。
と、こうなると自作はもはや趣味でなく、格闘技になりますね。笑

実は、まだ解決できていない部分もあります。
1)キャリアポイントを探すうえで、キャリア周波数がフィルタ−のセンタ−
  周波数に近くなると、発振します。
  これは、どこかにル−プが存在するためで、このル−プの発見は
  難しいですね。音声をモニタ−しながら、キャリアサプレッションと
  送信音との兼ね合いで、ちょうど良いポイントを探せば、発振はしませ   ん。ずいぶん見たのですが、このキャリアのレベルが上がると発信する
  ル−プは見つけられませんでした。悔しいですね。
2)仕様にキャリアが発射できるようにしましたが、キャリアポイントが
  VXOでUSBのポイントを使いますので、バラモジのバランスを
  崩しても、キャリアが出ません。実際は、少し出ますが、少しです。
  これは、BFO自体の設計を、初めからやり直さないと改善はできませ   ん。これに関しては、オ−ディオ発振器などで対処するようにします。
  キャリアが出せなくても、SSB機として運用するには不便はないと
  思います。
3)送信時のインジケ−タ−類がないので、送信しているとき、電波が出て
  いるか不安になります。基板設計時思ったのですが、回路が入りません
  でした。これも外部に回路を作り、メ−タ−もしくはLEDを点灯
  させるなどをしたいと思います。

細かくみると、まだまだ不満はありますが、基本的なところはOKなので
このスペックで、キット化しようと思います。
今回の無線機は、後から十分手を入れられますので、各自の好みで改造
などできます。それも楽しみと思っていただければ…。

まだまだ、山ほど作業がありますので、時々は山籠もりして、進めます。
今回の無線機は、ICを作る計画から考えると、数年単位でやってきました。
ようやく、個人としての夢がかないそうです。






Back to Top
こんばんは。
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 3月17日金曜日18時57分

内田さん こんばんは。
今日の仙台はとても良い天気でした。でもまだ寒いですよ。

CHAT BASE 更に熟成されているようですね。
ちょっとキザですが、機械や装置と言えど思いが通じるような気がした事があります。
公私ともに何度か。
内容まで書いちゃうと超ロング書込みになるので、割愛します。(^ ^)
そんな訳で、自作機にはものすごい愛着があります。

コンディションですが、
国内クラスタを見ますと、相変わらず40mのアップが殆どですね。
開局当時は3月ともなれば、15m国内は地域限定になりますが
結構楽しめたもんです。
やはり、40mはアマチュアには貴重ですね。

色々ご苦労はあると思いますが、陰ながら応援しております。

IME!元一太郎ユーザーとしては、嬉しいご報告をありがとうございます。

Back to Top
re:CHAT BASE
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月14日火曜日18時17分

うめつ@仙台さん、こんにちは。

今日は、天気が悪く本業が暇だったので、ChatBase340の
送受信切り替え時に出る、ノイズ対策をしました。
と言っても、AFアンプの入力部に、TRのミュ−トSWを付けた
だけです。切り替え時のノイズはまだ有りますが、だいぶ静かになりました。
これを、基板手直しするのですが、この作業が結構大変です。
もうすでに、隙間があまり無い状態なので、TR、R格1個ずつですが
入らない!!!。そこを何とか入れる。厳しいが入りました。
試作基板が作れないので、今回の手無しも含めて、本番発注は、一発勝負
となります。怖いな〜。

>>CHAT BASEもいよいよケース加工ですね。
ケ−スをどうするかで、悩んでいます。
なかなか、よいケ-スがなくて・・・・。

まだまだ作業がいっぱいあります。
気が重いですが、うめつさんに、気にいっていただいたので、頑張りましょう。

それから、遅くなりましたが、日本語入力ですが、IMEをATOK風で
使っています。慣れてきたら、ATOKと同じ感じで使えます。
以前アドバイスを、いただきました。ありがとうございます。





Back to Top
CHAT BASE
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 3月13日月曜日13時24分

内田さん、皆さん、こんにちは。

うめつ@仙台です。

CHAT BASEもいよいよケース加工ですね。
完成画像を拝見するのが楽しみです。

キット! 昔はかなりありましたが、今ではわずかですね。
あったとしても、CW専用機が殆どで 海外ブランドが多いかも知れません。
7MHzは特に、CW機が多いですね。

そんな中で、7MHz SSBのキットは かなり貴重なセットだと思います。
しかも、アマチュアバンドをフルカバーとなれば、ここまで楽しいリグを実現できるって事が素晴らしいです。

完全に忘れていた、移動のワクワク感が戻ってくる様な愛機になりそうです。

昔作ったバランが 何個もあるので、フルサイズDPと釣竿でシンプルなスタイルが良いですね。
何十年?も使っている“P7プロトタイプQRPp”と仲良く2台で!
SSBオンリーですと、意外と体力を消耗しますので。^_^。

開発 おつかれ様でした。

Back to Top
ChatBase340用DDS−VFOが完成しました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月12日日曜日16時23分

皆さん、こんにちは。

ようやく、ChatBase340用ddS−vfoが完成しました。
回路図、部品配置図、改正したvfoの写真を、画像フォルダ−へ、UP
しました。

AD9834を使ったのは、AD9835に比べ形状が少し大きいので
半田付けがしやすいと思い、採用しました。
ただ、大きいといっても、ピンのピッチは9835と同じですから、
やはりやったことがない人には、半田付けは難しいかもしれません。

今回、完成まで少し時間がかかりましたが、かなりてこずっていました。
基板は、完成までに4枚作りました。
施策時パタ−ン剥離などを起こし、作り直したこともあります。
やはり、片面といえど、このクラスのICの基板製作は、面倒ですね。

ソフトでも、つまずきました。
PICと、9834との接続ライン(3本)を、平行に引きましたが、
実はこのパタ−ンと回路図とが合わず、ピンアサインを思い違いして
動作しませんでした。
PICは、基板の部品面に実装します。
AD9834はパタ−ン面に、実装します。
この二つのIC感を、並列に3本の線でつなぎます。
回路図もそのように書いてあります。

ここまで書くと、もう気が付かれた方もいると思います。

実装面が異なっているので、IC間を平行にラインで結ぶと、回路図では
平行にならずに、2戦がクロスします。
これがわからず、思い込んでいたため、動作しないので、ずいぶん時間を
費やしました。
わかれば、なんということはないのですが、思い込みはやはり怖いですね。

今回のVFOは、余計なものは付けず、簡素化を図りました
メインダイアルと、ステップ切り替えスイッチだけです。
切り替え時のブザ−も、スペ−スの関係でやめました。
そのため、切り替え時無音で、ちょっと寂しいです。
電源ON時、スタ−ト周波数を、7.1MHzにしました。
これは、スタ−ト時のステップ周波数との兼ね合いで、もう少し様子を
見ます。というのは、1KHzステップで始まる場合、7.0MHzからの
スタ−トでもあまり苦にならないからです。
スタ−ト時、100Hzステップの場合は、7.1MHzから始まったほうが
いいかもしれません。この辺りは、好みや実際の運用スタイルなどで、ずいぶん考えが違うと思います。

また今回は、運用周波数が世間様と、合うようにしました。
具体的には、LCD表示周波数がBFO周波数位置になるようにしました。
今までは、フィルタ−のセンタ−周波数で計算していましたが、これは
汎用DDS−VBFOという面があったため、USB/LSBどちらでも
大きく変わりが出ないセンタ−周波数で処理していました。
今回は、専用VFOということで、+1.5KHzで表示するように
しました。
そのため、バンドの中では世間様の運用周波数と、それほど違いがなくなり
ましたが、バンドエッジが上と下、それぞれ1.5KHzのずれが出て表示します。これは、対策はなく、そんなものとして使っていただくしかないです。
私自身は、ほとんど違和感は感じませんが・・・・。

ChatBase340のキット用の部品も少しずつですが、集め始めています。放熱器の入手に関しては、JH1JYY/原さんのお力を借りました。
初めの放熱器と変わりましたが、何とかキットが出せそうです。
原さん、ありがとうございました。

今現在の予定としては、今ある手元の試作機を、ケ+−ス7に入れて
完成品とすることです。完成品までやらないと、不都合がどこにあるか
わかりませんので、やはり必要な作業です。
それから、キットを作ろうと思います。気長にお待ちいただければと
思います。


Back to Top
re:FRMS について
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月11日土曜日11時15分

寺澤さん、こんにちは。

FRMSのPC側の、ソフトのありかは、わかりましたか?。
HPの表紙と、FRMSの専用HPの、二か所からDL
できるようにしてあります。
しばらく見ていなかったら、リンクが両方とも、変なところに
なっていました。訂正しましたので、DLできます。

ここのところ、本業のほうが忙しくしています。
先日、ChatBase340用のDDS−VFOができました。
働かなくて、ずいぶん遠回りしましたが、わらちゃうような理由でした。
近々、写真をUPしたいと思っています。

Back to Top
FRMS について
寺澤 謙 JM4JUI(メールアドレス:投稿) 3月10日金曜日17時23分

内田様
先程の書き込み、良く探さないで書き込みました。HPにあるのに気が付きませんでした。あまり覗いてないといえますが・・・
すみませんでした。

Back to Top
FRMSについて
寺澤 JM4JUI(メールアドレス:投稿) 3月10日金曜日9時47分

内田様、上保様、皆さんおはようございます。
早々にお知らせ頂いてありがとうございます。

FRMSに付いていましたCDの内容は、サイテックよりDLできますか?
回路図など見たくなりましたので、

DLできないのであれば、CDのみ購入できますか?
宜しくお願いいたします。

サイテックのHPも、充実してきましたね。
まだ、エァーグース無線機も動いてます。
眼が薄くなり、小っちゃいパーツは苦手になってきて、
パーツの大きなラジオとなってきました。
宜しくお願いいたします。



Back to Top
FRMSソフトの場所
JF3HZB/上保(メールアドレス:投稿) 3月8日水曜日1時56分

こちらで,1月10日に投稿させていただきましたように,
Webサイトが閉鎖になり,別のところ移動させています.

http://tjlab.ikora.tv/ にリンクがあります.

>
> サイトの移動
> JF3HZB/上保(メールアドレス:投稿) 1月10日火曜日15時21分
>
> ご無沙汰しております.
>
> 長らく使ってきたwebサーバーが今月末になくなるようで,
> それに伴い,TCLのサイトもなくなります.
> FRMSのファイル等は,
> こちら↓に移動しておきました.
> http://tjlab.ikora.tv/
>
> よろしくお願いいたします.


Back to Top
re:FRMS Ver 1.12のソフトについて
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 3月7日火曜日9時45分

寺澤さん、こんにちは。おひさしぶりです。
レスが襲うくなり、申し訳ございません。
実は、今やっているDDS−VFOがうまくいかず、むきになって
やっていたら、レス書くのを忘れていました。

今日早速、HPのFRMSのところを確認しましたら、PC用の
ソフトがDLできませんね。変なリンクが張ってあります。
私は、このリンクを知らないので、誰かがいたずらしたのかも
しれません。

今、ちゃんとDLできるように直しました。
FRMS1.43がDLできます。

それから、FRMSは、Win10でも働きます。
たぶん232Cの端子はないと思いますので、USB変換家−ブル
などを使ってください。
(最近、私もWin10にしましたが、なんとPCに232Cポ−ト
 を備えています。なんの問題もなくFRMSが使えます。)

そういえば最近、寺澤さんのHPを、見ていませんね。
アンティ−ク・ラジオのリストアで遊んでいるのでしょうか。
個人的には、プラスチックケースのトランスレス・ホ−ムラジオが
ほしいですね。中学生のころ、これで深夜放送を聞いていて、
思い出があります。



Back to Top
FRMS Ver 1.12のソフトについて
寺澤 謙 JM4JUI(メールアドレス:投稿) 3月5日日曜日19時2分

内田様 皆様こんばんは、
ご無沙汰してます。表記の件教えてください
PCの入れ替えなどで、どこに行ったか分からなくなりました。

現在のバージョンアップしたソフトでも問題ないですか?
サイテックHPより、ダウンを行おうとすると、ダウンページが出てきません。

私、今は戦前のラジオをリストアして遊んでいます。
HPの更新も永くしていないし、反省です。
よろしくお願いします。


Back to Top
新フィルタ−キット
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月28日火曜日13時53分

皆さん、こんにちは。

CYTECのキットで、新たに11.4MHzの物を、発売しました。
6ポール構成で、回路は並列コンデンサ−型です。(普通のラダ−型です)
特徴としては、以前公開したコイルによる、特性補正をしています。
これにより、フィルタ−の通過帯域の形が、少しよくなっています。
それから、基板を外注しましたので、ガラスエポキシ基板になり
シルク印刷も入っています。
入出力端子は、9MHzフィルタ−と同じで,2mmのビス/ナット
です。実装時は、ビスを半田付けします。
取り付け寸法を、2.54mmの倍数にしていますので、蛇の目
基板にも実装できます。

6ポ−ル構成なので高性能とは言えませんが、送信機、受信機、トランシ−バ
−などの製作に使えます。
BFO用にクリスタルも1個入っています。





Back to Top
CYTEC DDS−VFO・キットの再販売を開始しました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月21日火曜日14時11分

皆さん、こんにちは。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。私は、ようやく風邪から立ち直り、
しばらく手を付けていなかったキット関係のことを、やっています。

CYTEC DDS−VFO(AD9835)キットの再販売を始めました。
再販売まで、約1か月ほどかかりました。
これは、主にDDS−ICの入手の関係からです。
DDS−ICも世代が変わってきていて、AD9835クラスは、もう古い
ICとなったようで、在庫を持っている所は少なく、あってもものすごく
高値です。アナデバ自体では、生産を続けています。

今回、DDS−ICの単価が上がりましたが、販売価格は据え置きとしました。また、LM7474なども、少しですが上がっています。

真剣に、今後キットの生産販売は、難しくなりそうです。
デジタル関係のものは、部品の種類も豊富に出回っていますが、在庫がなくなると入手できなかったりという場合もあります。
アナログ物は、特に私たちの無線機関係部品などは、本当に数入手するのが
大変になってきています。最もお金を出せば、まだ入手できますが、
キットの価格を考えると、また生産者の負担を考えると、難しいですね。

ChatBase340の開発は、現在次も部品の入手で止まっています。
1)放熱器 2)VFOに使うAD9834  などです。
放熱器などは、ありそうですが、基板委合わせて開発を進めているため
代替えが難しいものの一つです。

なんだかんだと、トラブルを乗り越えながらやっています。



Back to Top
re:お大事に
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月13日月曜日17時31分

うめつ@仙台さん、こんにちは。

今年は、すっかりやられました!!。
まだ、冷たい空気を吸うと、咳が出たり、のどに違和感を感じます。
なんだか直りが悪いです。(歳かも・・。)

奥様は、いかがですか?。心配ですね、。お大事にしてください。
うめつさんも、忘れたころかかったりして・・。気を付けましょう。

今、本業の仕事が溜まってしまったので、ガンバっています。


Back to Top
お大事に
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 2月12日日曜日12時35分

こんにちは。
今日の仙台は穏やかな天気です。

風邪、早く良くなってください。
我が家は、妻がインフルエンザになりました。
私は、珍しく風邪ひかずおりました。

Back to Top
風邪でDownしました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月11日土曜日18時22分

皆さん、こんにちは。

しばらく書き込みをしませんでしたが、風邪にやられていました。
もう1週間ほどなりますが、まだのどが少し痛いです。
先週は、熱が出ました。久々に、本業も休業となりました。
インフルエンザとは違うと思いますが…。
もう少しで、復活できそうです。

皆さんも、風邪には十分気を付けてください。

Back to Top
ChatBase340 スプリアス特性
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 2月2日木曜日18時12分

皆さん、こんにちは。

ChatBase340の、スプリアス特性をとってみました。

マイク端子に、シングルト−ンを入れて、
3Wのフル出力時の、スプリアスを見てみました。
結果は、画像フォルダーに、UPしました。

思ったよりスプリアスが、少なかったという結果でした。
これは、VFOの周波数が18MHz台と高いところにあるので、
スプリアスに対しては有利になります。LPFで切れやすいので。

2f、3fが、それぞれ−60dB弱でした。
−60dBにするには、LPFをあと1〜2段入れればクリア−すると
思います。

ただ、4MHz台にスプリアスがあります。周波数関係が、よくわかりません。これに対しては、BPFが有効になります。
レベル敵には、−50dB位なので、現在は対策していません。

キャリサプレッションは、最高によくて、−40dB位でした。
実際は、これより多少落ちます。
フィルタ−のスカ−ト特性がよくないので、キャリアの抜けがあります。
実際の電波を聞いてみると、たぶんあまり気になる人は少ないともいます。
当然、USBも漏りますので、サプレッションも含めて、この構成では
限度かと思います。

ようやくここまで来ました。
これで、ほぼ全仕様が、わかってきました。
後は、受信感度ですが、測定の方法がよくわからないので、これは聞いた
感じで行きます。個人的な見解ですと、国内局相手にQSOをするには、
十分な気がします。あくまで、個人的な感想です。


Back to Top
ChatBase340 プロトタイプ機の実装、動作テスト
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月31日火曜日14時59分

皆さん、こんにちは。

ChatBase340の、プロトタイプ機用の基板ができてきました。
今回は、十分にチェックしたのですが、やはり間違いが4カ所もありました。
基板を書いている人と、チェックする人が一緒だと、どうしても思い込み
などから、チェックが甘くなりミスが出ます。
今回のミスは、
1)メイン基板の、ジャンパ−線が1本配線していなかった。
2)コイルを止めるランドの、部品面ランドにレジストがかかっていた。
3)メイン基板の、バラモジのパタ−ンが配線図と違っていて、動作しな
  かった。(わからないで、ずいぶん時間がかかりました。)
4)フィルタ−基板の部品面で、ビスが通るところの、ランドがなかった。
全く、がっかりですが、製品版はちゃんと修正して、問題をなくします。
ただ、フィルタ−基板は、予定数作ってしまったので、このままですが、
問題はありませんので。

動作テストでは、受信部は、一発でOKでした。
送信部は、出力がでなく、見るとバラモニ部の出力がありません。
前回の基板を自作してのテストではうまくいっていたので、???です。
コイルや、抵抗、などいろいろと部品を変えてみると、電源供給に
チョ−クコイルを使うと、出力がでません。抵抗だと出力があります。
このような、トラブルは初めてで、何が原因か思いもつきません。
回路図を見て、パタ−ンを見ると、電源の取り方がちょっと違っています。
パタ−ンを切り、回路図の様に配線した所、チョ−クコイルでの供給
でもOKとなりました。1時間ほどこの対策にかかりました。
パタ−ンを、自分で変更していたしか考えられません。
忘れていたようです。

VFOには、DDS−VFOをつないでいますが、やはり細かいスプリアス
があります。これは、アンテナをつながず、メインダイアルを回すと、
所々ビ−トがあり、これはスプリアスを受信していると気がつきます。
DDSの欠点で、これは仕方ないことです。たぶんレベル的には、−60dB
近くだと思います。これでも、受信機はゲインを持っているので、底上げされて聞こえてしまいます。
このあたりは、目をつぶるしかないと思います。実際の運用では、実害はないと思います。

現在、ある問題は、
1)ファイナルに使う、ヒ−トシンクが入手できないかもしれません。
  これは大きな問題で、変更するとヒ−トシンクが小さくなります。
  基板の手なしもあります。
2)DDS荷AD6834を使うと書きましたが、現在の遺産を有効に
  使うには、AD9835を使うのがいいので、考え中です。
  なお、AD9835ももう古い製品となり、現在入手が難しくなって
  います。そのため、現在販売している、DDS−VFOキットも、
  品切れとなっていますが、再開まで1−2ヶ月かかると思います。

ようやくここまで来て、再現性など、ある程度満足できるレベルになリました。ただ、キットを作る上での問題は、以前よりもかなり多くなっていて
大変です。特に部品の入手が、以前より自由に行かず、ある物は先に
必要数購入しておかないと、だめという状態です。
皆さん、キットがでることを祈っていてくださ〜い。


Back to Top
re:7MHz コンディション
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月27日金曜日18時0分

うめつ@仙台さん、皆さん、こんにちは。

>>最近の7MHzのコンディションは、とにかく聞こえませんね。
やはりそうですよね。後、聞こえても、弱いですね。
家だけではないので、少し安心しました。

>>でも、14MHzの国内も今年は一度も聞いたことがありません。
え!、そうなんですか。
14MHzは、あまり聞いていないので、知りませんでした。

どうも今年は、どこか変ですね。

>>テンションが下がりますね。
そうなんですよ。自作するにも、聞こえないとテンションが下がります。
交信しないので、関係なさそうですが、聞こえないのは、さみしいです。

春先には、上がってくることを祈って・・・・。


Back to Top
7MHz コンディション
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 1月26日木曜日21時59分

内田さんこんばんは。

CHAT BASE 340の情報ありがとうございます。

最近の7MHzのコンディションは、とにかく聞こえませんね。
ここまでコンディションが悪い年は、記憶に無いような気がします。
聞こえても、弱くて7MHzらしくないですね。
移動されている方は、大変だと思います。

調子の良い日は、QRPpでも500mWであることを忘れてしまうほど
良く飛ぶ日も過去にはありました。
かなり極端な話ではありますが。

でも、14MHzの国内も今年は一度も聞いたことがありません。
モービルで毎日聞いていた頃(かなり前です)は、冬場でも
14は良く飛んでくれました。
さすがに、18や21はオフシーズンって感じがしました。

ちなみに、2002年のオール宮城TESTのログを見てみました。
1月20日頃の開催なんですが、14MHzは141局で21MHzでも
36局と交信ができてた様です。

やっぱり、何かが変ですね。
どうしたんでしょう?
アマチュア無線は、にぎやかに聞こえないと
ザーザーノイズだけなんで、テンションが下がりますね。

Back to Top
re:CHAT BASE 340
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月23日月曜日17時45分

うめつ@仙台さん、こんにちは。
寒いです。仙台は、もっと寒いでしょうね。
なんとなく、雪が降りそうな感じがしています。

うめつさん、今IMEを使っていますが、だいぶ慣れてきました。
これでいければいいのですが。
ただ、いくつか使いにくい点がありまして、数字が全角で入力しません。
入力後、F9を押さないと全角になりません。
はじめ、文章を見たとき何か変だなと思いましたが、よく見たら
数字が小さいままなので、変だったのです。
これって、何か設定がありますか?。

ChatBase340 <--- このようになります。
ChatBase340を、毎日のようにやっています。
いろいろと問題が出てきます。現在も、問題がありまして、それは放熱器
です。放熱器が、きっとに使う量だけ、入手できないかもしれません。
仕様変更が出るかもしれません。これは、面倒です。基板から書き直さなく
てはなりません。これは、現在様子見です。

DDS-VFOですが、使用するソフトの開発環境を、変えて作り直し
ましたが、なんと働かないので、焦っています。
新しい環境は、同じ会社の物ですが、新旧で書き方が違っていたりして
移植するさい、気を付けないと働きません。
明日も見てみます。

チップ部品は、個人的には好きです。ただし、実装に慣れていないと、
戸惑うことが多く、キットなどには向かない面があります。
また、キットを作る際、パッキングが大変になります。全部わかるように
個別包装しなくてはならないので、これがネックです。

高周波回路で、何かトラブル(発振など)が起きたとき、パスコンとして
いろいろなところにチップコンをつけると、解決する場合があります。
小さいので、後付けができます。

7MHzは、最近コンデションがよくないですね。
聞いていても、自作のリグが悪いのか、疑ってしまいます。
本当は、どちらが悪いかはっきりしていませんが・・・・。

Back to Top
CHAT BASE 340
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 1月22日日曜日9時33分

内田さん、おはようございます。
いつも楽しく拝見しております。

CHAT BASE 340 の開発お疲れさまです。
VFOには表示も有るんですね。
夢のような無線機です。私にとっては。
新VFOのシンプルなって所が嬉しいです。
また、チップ部品が無いってとこも スゴく嬉しいですね。

組立、制作は、基本大好きですが、チップ部品だけは 体が固まってしまいます。
とにかく、難しいです。
若い頃でも、ルーペ無しでは 付いたのかどうか?わかりませんでした。
100円ルーペでもあるのと無いのでは、劇的に違いました。

では、寒いのでご自愛くださいませ。

Back to Top
いくつかのデ−タをUPしました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月21日土曜日17時29分

皆さん、こんにちは。

ChatBase340の、いくつかのデ−タを、画像フォルダ−へ
UPしました。

回路図は、基板を起こした際の、トラブル対策をした実際のものに
合わせて書き直してあります。

以前、ワイヤ−・ジャンパ−が1本あると書きましたが、基板に
両面基板を使うので、ジャンパ−線を、部品面に通しました。
これにより、ジャンパ−線を自分で配線することがなくなりました。

送信部では、キャリアサプレッションの改善と、送信時のレベル配分を
見直す意味で、コイルにQダンプ抵抗を入れたりしました。

6Poleタイプのフィルタ−を採用することにしましたが、
10uHでの補正をすることにしました。特性は、通過帯域が少し平らに
なりました。周波数のUP側が、多少広くなりましたが、USBで
使うので、大きな問題はないと思います。

4Poleフィルタ−で、補正を試みましたが、特性の改善はできません
でした。これは入出力側のクリスタル部で特性が変わり、残りのクリスタル
でフィルタ−に、なっていると考えられます。
4Poleでは、フィルタ−を構成するクリスタルが、2個になってしまうため特性が改善されなかったのではと、考えます。

4Poleと6Poleのフィルタ−は、通過帯域は変わらず、スカ−ト特性
が異なってきます。受信機にフィルタ−を使う場合、4Poleでも結構
使えるのは、通過帯域がある程度確保されるからと思います。
ただ、送信時は、キャリアサプレッションに関係するため、素子数が多い方が
トラブルは減ります。
いつも一定アm巣が、フィルタ−の性的特性に、あまりこだわる必要は
ないと思います。実際に実装した場合、周りの回路や素子の影響で、同じ
特性にはなっていない場合が、多いと思えるからです。
それこそ、神経を削って特性を求める様なことは、あまり意味がないと思います。

基板上の部品実装の様子を、UPしました。
現在試作用基板を、発注しています。この基板でうまくいったら、メイン部は
いったん終わりになり、DDS−VFOの開発に入ります。

DDS−VFOには、AD9834を使いたいと思います。
これは、形状がAD9835より少し大きいので、ハンダ付けがやりやすいのではないかと持ったからです。
AD9835の場合、ハンダ付けがちょっとやりにくいですね。
余計な機能はつけない予定です。5dBm程度の出力を得るのが、課題と
なります。LCD一体型で作りますので、スペ−スの面で結構きつく
なります。チップ部品を使えば、なんということはないのですが、キットに
するにはチップ部品は、向きません。(と、思います)







Back to Top
ChatBase340の進み具合です。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月16日月曜日18時20分

皆さん、こんにちは。

ここの所、書き込みもしないで、何をやっているかといいますと、
ChatBase340の基板化に基づく、細かい作業に追われて
います。

バラックセット(チップ貼り付け)で全体の回路を決めますが、
基板を起こすと、バラック時とは違った動作や、トラブルが起きます。
基板上での、手直しや修正、改良など、バラックとは違った意味での
厳しい作業があります。
チップ貼り付けで作品を製作したり、ブレッドボ−ドで自作といっている
方には、やったことがない作業だと思います。
時には、基板の再構築も含まれます。

今回、キャリアサプレッションがいまいちと感じたため、かなりの時間を
費やしました。わかったことは、
1)BMに使ったカスタムICの、4番ピンに現在電解コンデンサ−を
  つないでいますが、パラに103を入れると、ずっとサプレッションが
  よくなります。理由はよくわかりません。
  現在、ある程度納得できるレベルになっています。
2)パタ−ンのグランド部が、かなり切れているため、電位が同じにならず
  バランスが取りにくいようです。
  対策として、パタ−ン間にジャンパ−線を入れ、グランド間の電位を
  均一化する様につとめました。効果は、?ですが、効果がないとは
  言えないと思います。

できるだけグランドパタ−ンを、つなぐ様に手直ししました。

送信時の電波を自分でモニタ−しましたが、なんとなく歪みぽく聞こえた
ため、もう弛度各部のレベルをみて、3W出力に十分なレベルに合わせました。具体的には、コイルにQダンプ抵抗を入れたり、段間の結合Cの値を
小さくしました。どこかが、発振気味だったのかもしれません。
かなり音がおとなしくなりました。3Wはピ−クででています。

現在、フィルタ−は、6ポ−ルにしています。4ポ−ルに交換して、どうなのかを、見ようと考えています。やはり、6ポ−ルあるとかなり実用的に、なり
ます。
キャリアサプレッションの向上と、6ポ−ルフィルタ−で、ごく普通の
無線機のフィリングになりました。

最近の7MHzバンドは、コンデションが悪いのでしょうか。
受信部のテストをしたくても、ほとんど、聞こえない状態です。
受信部が悪いのかと思ったりしますが、それなりの局が出てくると、
ばっちり聞こえます。コンデションに関しては、よくわかっていません。

回路図を、基板に合わせて修正しました。
基板に、パ−ルナンバ−を入れました。
それに伴い、回路図と基板のシルクとの突き合わせをしました。
ない部品が出てきました。たぶん入らないので省略したものと思われます。
構成が、送受信部が半分ずつ、フィルタ−を中心にクロスしているため、
電源もクロスしているので、回路図にはあっても、なくなったデパックリング
コンデンサ−があり、全体のつじつま合わせに、一日かかってしましました。
基板を起こすときは、回路図が大切で、基板に合わせた回路図を書くと
間違いがないと、確信しました。笑

パ−ツリストが、まだ途中なので、完成を急ぎます。
パ−ツリストは、業界では「BOM」と、呼んでいます。
何の略か聞きましたが、すっかり忘れました。

近況でした。少し、資料でもUPする様にします。


Back to Top
サイトの移動
JF3HZB/上保(メールアドレス:投稿) 1月10日火曜日15時21分

ご無沙汰しております.

長らく使ってきたwebサーバーが今月末になくなるようで,
それに伴い,TCLのサイトもなくなります.
FRMSのファイル等は,
こちら↓に移動しておきました.
http://tjlab.ikora.tv/

よろしくお願いいたします.



Back to Top
ChatBase340、送信時の問題。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月10日火曜日13時11分

皆さん、こんにちは。

ChatBaseの開発も、順調に進んでいますが、
送信部で、悩んでいます。
それは、キャリアサプレッションの問題です。
サプレッションの簡単な基準として、外部パワ−計の
針が振れないことがあると思います。
現在のフィルタ−は、4Poleで、スカ−ト特性が
あまりゆくありません。
そのため、受信音を元にBFOのキャリアポイントを求めると
送信時パワ−計の針が少し振れるぐらい、キャリア漏れがあります。
送信時のキャリアポイントを、ある程度に調整すると、今度は
受信音がキンキンになってしまします。
これは、フィルタ−の仕様から当然だといえます。
これには、困っています。

CY7045のBMは、たぶんキャリアサプレションは単体では、
−25から−30dBぐらいだと思います。
ICとはいっても、ディスクリTRを組んだもので、ばらつきがあるので
ICほどの性能は無理かと思います。

現在の対策として、クリスタルフィルタ-を、4Poleから6Pole
への変更です。
ChatBase340は、フィルタ-部が別基板になっていて、あとから
交換できる構造にしてあります。(交換して遊べるようにです。)

まだ実装しての送受信テストは行っていませんが、6Poleになった
ことによる損失の増加が、懸念されます。
受信機のゲインがギリギリなので、損失が大きいと痛手です。

ところで、国内外で4Poleフィルタ-を使った無線機の製作例を
見ますが、このあたりの処理はどのようにしているのでしょうか。
4Poleでも,2set使ったものは、別々にキャリアポイントが
設定できるので、大丈夫だと思います。

今回のような簡単な構成の無線機は、このようにあちら立てればこちらが
立たずのような、問題が起きやすいですね。

Back to Top
re:ATOK
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月6日金曜日17時29分

梅津@仙台さん、こんにちは。

先ほどはメ−ルを頂き、ありがとうございます。
IMEのATOK風操作設定は、明日やって見ます。
有益な、情報を、ありがとうございました。

年度初めなので、結構やることがあり忙しくしています。
とにかく、新しくしたPCで動かないソフトを、なんとか
直すことが先決ですね。今度は、PICのコンパイラが
正規版として動作しません。
スマホ中毒の方とは違うと思いますが、IT機器が順調に動かないと
かなりストレスを感じます。
これは、やはり病気でしょうか???。

Back to Top
ATOK
梅津@仙台(メールアドレス:投稿) 1月5日木曜日8時25分

内田さん、おはようございます。
win標準添付のIMEに 変換キー操作をATOKと同じにする設定があります。
私は、元一太郎オーナーなので なんとかこの設定で乗り切ってます。
良かったら、お試し下さい。

開発お疲れさまです。
画像拝見しました。
基板を見ると ワクワクするのは 私だけかも。
なんか、楽しくなりますね。

Back to Top
ATOK
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月4日水曜日18時51分

うめつ@仙台さん、こんにちは。

そうですか、やはりWin10ですね。
というか、新しく購入するとなると、Win10になってしまいますね。

ちょっと使いにくいですね。
1)今までのように、デスクトップの表示と、スマホみたいな表示があり
  スマホみたい表示はいらないのですが、クリックを間違えるとでますね。
2)今までと、画面の色が違い、やたら白く明るくなりました。
3)以上から、なんとなくまだ落ち着かず、使いにくいです。

>>日本語変換は、設定でATOKにしています。
これは、ATOKが、プリインスト−ルされたPCを購入したということ
でしょうか。
私のPCは、標準がIMEです。

さっき、アマゾンでATOKを見たら、やはり5Kぐらいしますね。
現在、JustシステムからDLした、試用版のATOK2016を
使っています。試用期間は、1ヶ月間とのことで、それまでに決めます。

−・・・−
先ほど、画像フォルダ−へ「ChatBase340」のプロトタイプ機
の実装基板をUPしました。
何か変なものがリレ−の上についていますが、リップルフィルタ−です。
新しい基板を作り、第2号機の製作に入ります。


Back to Top
RE:今日から通常営業になりました。
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 1月4日水曜日16時50分

内田さんこんばんは。

私も去年から、Win10になりました。
正直ちょっとだけ使いづらい感じです。

日本語変換は、設定でATOKにしています。
これは、快適です。
ご存じとは思いますが、ご参考まで。

Back to Top
こんばんは。
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 1月4日水曜日16時43分

さいたま市の梅津さん、こんばんは。

50Mhz SSB TRX了解しました。
デビューが待ち遠しいですね。
足掛け3年、喜びもまた格別だと思います。
是非、自作TRXでお会いしたいと思います。

ちなみに福島市は、私の所からかなり難しく
さいたま市の方がチャンスがあるかも知れません。
ロケーションの関係で、南側のグランドウェーブは全滅です。ほぼ全バンドで。

私も今年は、7Mhz SSBTRXに挑戦を考えております。
1エリアは、仙台と相性が良く、期待できますね。

今度は、内田さんが用意してくれた“トキワ荘”でメッセージを
お送りしたいと思います。

追伸
前回、名前とタイトルを逆に入力してしまいました。
みんなで飲んだ帰り途中での入力でした。ごめんなさい。

Back to Top
今日から通常営業になりました。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月4日水曜日16時36分

皆さん、こんにちは。

今日から、仕事始めです。
年度初めで、やることがあるので、申し訳ないですが、ご挨拶だけなります。

それと、メインPCを買い換えまして、今日から自薦に投入しましたが、
Win10になれません。また、日本語変換がATOKではないので、
使いにくくて仕方ありません。以前のATOKは、古すぎて動きませんでした。なんとかしなくては・・・。また、出費が・・・・。

早く元に戻って、皆さんと遊びたいですね。hi



Back to Top
こんにちは
梅津さいたま市(メールアドレス:投稿) 1月4日水曜日13時46分

うめつ@仙台さん こんにちは。
お声がけ?ありがとうございます。

今作っているのは50MHZ SSBトランシーバーです。
なかなか出来なくて、足掛け3年半ぐらい悪戦苦闘しています。
この休みで大体できましたのと、申請していたTSS認定が
通りましたので、もうすぐデビュー予定です。

運用は移動運用のみなので、機会が少ないのですがつながると
うれしいですね。
たまに福島市に行きますので、その時アンテナを上げれば
50Mhzでも交信できるかもです。

今年は7MHZ SSBTRXにも挑戦しようかと思っています。

よろしくお願いいたします。

JF1XVD 梅津@さいたま市


 

Back to Top
今年もよろしくお願いします。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月2日月曜日9時16分

皆さん、こんにちは。
お正月を、ゆっくりと過ごされていると思います。

うめつさん@仙台、梅津さん@大宮、二人の梅津さんが、ようやくそろって
大変うれしいです。
実は、二人の梅津さんを、取り違えていていました。
先日も、梅津さん@仙台を、大宮の梅津さんと間違えて、メ−ルの返事が
トンチンカンな物になったりしていました。
と言うのも、最近大宮の梅津さんと、アイボ−ルしたので、その印象が
強かったからです。
メ−ルは、文字しかなく、色が有るわけではないので、間違えやすいですね。
今度は、間違えないよう気を付けます。

梅津さん@仙台、梅津さん@大宮、今年もよろしくお願い致します。

今日はこれから家内の実家へ行ってきます。
毎年の事ですが、あちらの両親が段々年を取ってゆき、昔のお正月ではなくなったのが、寂しいです。

頂いてるメ−ルの返事は、少しずつ書きますので、ちょっとお待ち下さい。
では、行ってきます。

Back to Top
うめつ@仙台
こんばんは。(メールアドレス:投稿) 1月1日日曜日20時15分

大宮の梅津さん、新年あけましておめでとうございます。

是非、梅津さんの自作TRXでお会いしたいと思います。
仙台のうめつが、楽しみにしております。

今は、自作TRXは6mのみなので、近距離Esに期待します。
ちなみに自作のご予定は、どちらの周波数ですか。
私は50と144を経験しましたが、初の短波も検討中であります。

今後ともよろしくお願い致します。

JR7SLC/060105より。

Back to Top
賀正
梅津@さいたま市(メールアドレス:投稿) 1月1日日曜日18時5分

明けましておめでとうございます。

いつもお世話になっております。
今年こそ自作リグを完成させて
お空に出たいと思います。

宜しくご指導の程お願い致します。

さいたま市 JF1XVD うめつ

Back to Top
謹賀新年
うめつ@仙台(メールアドレス:投稿) 1月1日日曜日11時43分

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

昨年同様、またお世話になることもあるかと思いますが、何卒ご指導の程宜しくお願い致します。

Back to Top
謹賀新年 2017
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月1日日曜日0時35分

皆さん、あけましておめでとうございます。

昨年は、おかげさまでCYTECを続けてこられました。
今年も、よろしくお願い致します。

         2017 JE1AHW/内田恵介

−・・・−
うめつさん@仙台 書き込みとメ−ルを、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

12/31は、ほぼ一日家の掃除をしていました。
ハウスダストのアレルギ−で、夕方頃には体調が優れず、さえない
年越しとなりました。

お体に気をつけて、楽しい新年をお迎え下さい。
メ−ルをお送り頂いた方へは、順次返事を書きますので、
少し待ち下さい。


Return