情報の泉

CYTEC

by JE1AHW

自作の話題,FRMSについての質問はこちらでどうぞ

画像情報もあわせてご覧下さい.”情報の泉”画像フォルダー”



「投稿」を省略すると送信されません。「投稿」の文字は変わる場合があります。
お名前(必須)
「投稿」を記入
タイトル(必須)
コメント(必須)
Back to Top
re:VC-200インプレッション
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月14日月曜日18時21分

仙台のうめつさん、こんにちは。
仙台は、だいぶ寒いと思いますが、いかがですか?。

VC−200でバンドを聞いているんですね。
私は、dsPSNで手がいっぱいで、しばらくワッチしていませんね。

>>VC-200のインプレッションですが、強い局は強く
>>弱い局もはっきりと明瞭に聞き取れます。
>>受信性能は十分なものと思われます。
おほめ頂きありがとうございます。
ちゃんと聞こえるように、だいぶ実験をしました。
プリアンプに、2SK241を使ったものも試しましたが、
なんとなくゲインオ−バ−な感じがしました。
発振もしましたし。
負荷インピ-ダンスは下げたほうがいいようです。

>>50MHzは、すでに何度も信号を受信していますが
>>なぜか?かなりの受信感度に感じてしまいます。
たぶん、アンテナがいいのではないでしょうか?。
私は、開発時は7MHzのダイポ-ルで、聞いていました。
だから、あまり聞こえないんです。
ちゃんとしたゲインのあるアンテナをお使いになると、ぐっと
良くなると思います。

クリコン見たいものは、結構レベル設定が難しいんです。
親機にゲインがあるので、控えめにしないと、聞きにくくなります。
と言って、プリアンプなしでは、結構きついです。
また、いろいろな受信機で試せないのも、問題なんですが、これは無理ですね。
クリコン製作で、競技をやると面白いと思います。
親機はメ-カ-製の最新機を使って。
設計者の、腕試しになるでしょうね。

CB340は、弱い信号ですと音が小さいですが、良く聞こえると思います。
自分で使っていて、感じています。また、ロ-カルの強い信号でも、
あまり潰れずにちゃんと聞こえます。
全体としては、ゲインが少ない受信機ですが、オーバ−ゲインよりはずっといいはずです。

それにしても今見てもCB340は、良く作ったなと思います。
今作れと言われたら、無理かもしれませんね。特に、プリント基板
設計が、大変だったので・・・。
幻の、CB340です。




Back to Top
VC-200インプレッション
うめつ@せんだい(メールアドレス:投稿) 1月13日日曜日23時14分

内田さん、みなさん、こんにちは。

今日は寒い一日でしたが、18MHzで7〜8局の信号が確認出来ました。
まだ1月なので、コンディションは本物では有りませんが
意外と長い時間聞こえておりました。

VC-200のインプレッションですが、強い局は強く
弱い局もはっきりと明瞭に聞き取れます。
受信性能は十分なものと思われます。

50MHzは、すでに何度も信号を受信していますが
なぜか?かなりの受信感度に感じてしまいます。
たぶん?50MHzは今までに何台もTRXを作っているので
野生の感^^的な感覚で、上手くできたなとか
もうひと踏ん張りだなとかが、耳Sで感じるのでしょう。

親機はCB340で本当に楽しいVC-200に感謝しています。

今年の私の目標は、VC-200用の送信機ですね。
EasyPSN楽しみにしております。

Back to Top
EasyPSN デ−タ追加UP
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月13日日曜日18時27分

皆さん、こんにちは。

EasyPSNの測定デ−タ−を、追加UPしました。

1)LSBにおける、音声を入れたときのSSB波形
  これは、dsPICのフィルタ−が正常に働いているかを見たものです。
2)EasyPSN本体のスプリアス特性
  7MHz、9MHzを出力したときの、2f、3fの高調波を
  見たものです。内臓LPFが、兼用タイプなのですが、スプリアスは
  おおむね両バンドとも、−40dBになっています。
  この後、ミキサ−とBPFを入れて、どうにか−40dB以上は確保
  できそうです。

基礎測定が終わりましたが、いい具合ではないでしょうか。


Back to Top
EasyPSN SV SSB出力とサプレッション
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月13日日曜日16時9分

皆さん、こんにちは。

下記で書きましたが、EasyPSNの出力を、USB/LSBとも
受信機フィルタ−のセンタ−周波数に合わせたと書きましたが、
その様子を、画像フォルダ−へUPしました。
仕様どおり、フィルタ−のセンタ−周ハウスを中心に、SSB波が
出力されています。これでしたら、トランシ−ブ操作ができますね。

また、サイドバンドサプレッションの調整回路の動作の様子を、
UPしました。
7MHz/LSB時、シングルト−ンをマイク入力して、
逆サイドの変化を見てみました。

再度の漏れが多い画像は、分かりやすくするために多少悪く調整しました。
無調整回路で製作した場合、おおよそですが平均−40dBは取れます。
普通のQSOでは、問題ないレベルだと思います。

調整用VRを回すと、画像にあるように−60dB近くまで減衰します。
オ−ディオの振幅を合わせただけですが、効果は大きいです。

これから見て、デジタルPSNと言っても、AF段はアナログそのもの
なので、信号にばらつき(振幅)ができるようです。
それは、PICのD/Aの出力の違い、バラモジのON抵抗の違い
加算トランスのアンバランス その他など、アナログ的にみると要素は結構
あります。振幅調整は、難しい回路ではないので、あらかじめ用意
しておくといいようです。

キャリアサプレッションは、7MHzではmax−60dBほど行きますが、
9MHzになると、−50dB+aぐらいになります。
これは、BM用ICと基板間のストレ−容量が、周波数が高くなると
ACバランスに影響を与えるようになるからです。
基板の設計が甘いと言えばその通りですが、ある程度は仕方ないです。

今回のジェネレ−タ−は、好きな出力周波数が選べますが、せいぜい
10MHz以下がお勧め値となります。
多少目をつむっても、12MHzぐらいでしょう。
12MHzでも、−40dBぐらいは取れると思いますが…。

このように、ジェネレ−タ−の周波数は、低いほうが何かとメリットが
ありますが、455KHzや、3.18MHzあたりを選びますと、
RFトランスがFB801でやっているので、加算合成が難しく
なります。効率が悪く、出力が小さくなります。
もっとも、減衰をかなり許すなら使えないことはないと思いますが、
やっていないので何とも言えません。

もっと大きなコア−を使い、たくさんバイファラ巻きすれば、かなり良い
物ができるはずです。ちょっと実装に工夫が必要になりますが、ヘッダ−
を実装しているので、ちょっと頑張れば実装できると思います。

発注したパ−ツも届きました。現在、マニュアルを作成中です。
まだまだ、CDの内容を編集したり、大事なパッキング作業などが
あります。
キットはもう少しお待ちください。




Back to Top
EasyPSN SV キット用ソフト
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月11日金曜日17時16分

皆さん、こんにちは。

EasyPSN SV のキットの準備を、進めています。
そんな中、キット用のソフトがようやく決まりました。
まだ、決まっていなかったのと、驚く人もいるでしょう。
なんとなく不満な点があり、改良してきました。

以前画像フォルダ−に、UPした「ジェネレ−タ−と受信機の周波数関係図」
をご覧いただけますか。
以前も書きましたが、この周波数間ですと、キャリブレ−ションを
取るセパレ−ト・タイプの送信機の場合は問題ありませんが、
受信機のVFOを使った、トランシ−ブ操作の場合、送受信周波数に
ずれができます。
そこで、ジェネレ−タ−の内部発振器(BFOですね)の周波数を
今までの、9MHz一つではなく、USB/LSBの周波数を
発振することにしました。
この周波数と、USB/LSBのモ−ドを組み合わせて、SSBの
信号がUSB/LSB関係なく、センタ−周波数の9MHzを
中心に発生するようにしました。
この仕様でスト、9MHzセンタ−のフィルタ−を使った受信機の、
VFOを使う事ができます。

この方式で一つの欠点があります。
Tune用のキャリアを出した時、USB/LSBのどちらかのモ−ドの
BFOキャリア周波数が出力されます。
つまり、モードによって出る、キャリア周波数が違います。
電信をやる場合は、これでは困りますが、調整用のキャリア
なので、大きな障害は無いと思います。
やろうと思えば、この問題もソフト的に解消できますが、ハ−ド面も
関係してくるので、結構面倒なので、これで行きます。

また、トランシ−ブ操作時、完全にぴったりと送受信周波数が合いませんの
で(数10Hz~数100Hzのずれ)この場合は、受信機のRITなどで
対応してください。

キットでは、デフォルトとして、9MHz/7.1MHzで出荷します。
希望があれば、センタ−周波数を変えて納品もできるようにします。
ただし、周波数を変えての応用は、自己責任となります。
私自身、すべての環境は持っていませんので、再現テストができません。

−・・・−
音質は、サンプリング周波数を上げたことで、大変良い部類に入ると
思います。と言うか、今まで製作した中で、一番です。
マイクアンプの、OPアンプを変えるとOPアンプごとの違いが、
実感できます。TRとFETの違いなど。
またマイクの違いも、かなり良く分かります。
ただし、モニタ−受信機で、かなり様子が変わります。
現在は、Comet40(DC受信機)でモニタ−しています。
つまらないDC受信機でも、フィルタ−を通さない分、良く分かります。
時間が出来たら、一つDC受信機の専用モニタ−を作りたいですね。

ようやくここまで来ましたが、ずいぶんと上保さんの力を、お借りしました。
お忙しい中、お付き合いいただきありがとうございました。
思えばFRMS以来、16年ぐらいブリの、コンビ復活です。
上保さんが、出されている「アナログメ−タ−表示のカウンタ−」も
近々、VFO仕様になるようです。皆さん、TjLABの製品も
よろしくお願いします。今回のPSN送信機には、カウンタ−を
使ってみようと思っています。絶対かっこいいのができそうです。



Back to Top
EasyPSNの説明書を作っています。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月6日日曜日18時40分

皆さん、こんにちは。

昨年やっていた、EasyPSNのキットを出すべく、ここの所
製作マニュアルを編集しています。
マニュアルが完成しましたら、部品発注しようと思います。
部品の入手は、あまり問題ないと思いますが、dsPICが
どのくらい在庫があるのかが気がかりです。
dsPICは現在、表面実装が主流で、今回の様なDIPタイプは
今となっては珍しい部類になります。
本当に、自作には面倒な時代となりました。

調整を書いていますが、基本は受信機(トランシ−バ)+ヘッドフォン
で、テスト周波数の7.1MHzをダイレクトに聞いての調整とします。
これですと、100%追い込むのは難しいと思いますが、高価な測定器
は誰でも持ち合わせているわけではないので、最小の調整方法と
します。
もちろん、スペアナなどをお持ちの方は、追い込んでください。

今回は、心臓部がデジタル処理なので、簡単な調整でもある程度の
保証値は、出ます。
OMさんが言うような、サイドバンドサプレッションが、−60dBとか
−70dBなどは保証できませんが、実用的なレベルは保証できます。
(大体、−60dBとか−70dB以上は、どのように測定している
 のでしょう。)

今回は、誰が製作しても、実戦で使えるPSNタイプSSBジェネレ−タ−
と言う事を、目標にやっています。
まだ全体で送信機はできていませんが、ジェネレ−タを見ると手ごたえは
あります。
音の良いPSN送信機で、皆さんが遊んで頂ければいいですね。



Back to Top
re:明けましておめでとうございます。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月4日金曜日17時53分

埼玉のうめつさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

>>最近はポータブル用に軽くて小さいものを
小さい奴は、場所を取らないでいいですね。
どのくらいの大きさの物を、狙っているのでしょうか。
私も、小型無線機は、作ってみたい気があります。
やはり、チップを使うようになると思いますが・・。

そうですね、デジタル物は、再現性が良くていい面がありますが、
昔のアナログ回路も、まだまだ遊ぶには、捨てたものではないと
思います。昔のように、部品が豊富なら、まだアナログをやっていたと
思います。

お正月から、移動運用をされたのですね。
毎年、お正月はなんとなくやることをやって終わっています。
のんびりと、参加してみたいですね。

今年も、製作を頑張りましょう。!!


Back to Top
明けましておめでとうございます。
うめつ@さいたま(メールアドレス:投稿) 1月4日金曜日8時34分

さいたまのうめつです。
明けましておめでとうございます。

最近はポータブル用に軽くて小さいものを
作ろうとしていますが、なかなかうまく
いかなくて苦労しております。

すこし遠回りしてもデジタル関係を勉強
した方が良いのかなとも思っております。

昨日は、ニューイヤーパーティーに
近くの山に登り、内田さんにも見て頂いた
50MHzの自作機で30局ばかり交信しました。
自作機のかたもいて、新年から楽しめました。

ことしは、1台完成させたいですね。


Back to Top
あけましておめでとうございます。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月2日水曜日9時6分

うめつさん、明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

今年も、何か作りましょう。
うめつさんからの宿題も、まだやっていませんが、
もう少しお待ちください。
お正月は、時間があるようで、意外とないですね。

今日は、家内の実家へ行ってきます。
うめつさんも、楽しくお正月を、お過ごしください。



Back to Top
あけましておめでとうございます。
うめつ@せんだい(メールアドレス:投稿) 1月1日火曜日17時59分

内田さん、みなさん。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

年間に何かしら1台〜2台!
とりあえず、2年連続達成できました。
本当にお世話になりました。

今年も楽しみです。
送信機もワクワクしますね。

これからも、よろしくお願いします。

Back to Top
明けましておめでとうございます。
JE1AHW/内田(メールアドレス:投稿) 1月1日火曜日12時11分

明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。

今年も、製作を頑張りますね。

     2019/01-01

      CYTEC/JE1AHW 内田


Return