ホーム トピック アルバム 留意事項 検索 過去ログ 管理
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
arrow.png
re:HAYABUSA6を習作
KRA/中島さん、こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
お元気なようで、何よりです。

今回の、書き込みには、大変驚きました。
また、うれしいですね。

ロンさんからメ-ルをお送りいただいたとのことですが、
当方毎日スパムメ-ルが多く、英語にメ-ルは、無条件で削除して
います。
たぶん、気が付かづ消去したものと思われます。
もし、ご連絡がつくのでしたら、その旨くれぐれも、謝っておいてください。
そして、くれぐれも、よろしくお伝えください。

以前から書いていますが、相変わらず英語は、苦手です。
今回、転記していただいたメ-ルは、翻訳ソフトで100%了解しました。hi

HAYABUSA6は、今でも6mのワッチ用に使っています。
しかし古い設計なので、今使うと、もう少し改良したいところです。

でも、今度は、6mのトランシ-バ-を、やってみたいですね。

中島さん、ありがとうございました。
user.png JE1AHW/内田 time.png 2022/09/22(Thu) 17:31 No.30 [返信]
Re:HAYABUSA6を習作
内田さん、お返事ありがとうございます。
また中国で追製作した結果を喜んでいただきよかったです。
6mのDSB機キットは「ラジオの製作」あたりから内田さんが継続的に
取り組まれていること、要求度も常にあると思います。

機会があれば是非後継作をお願いします。
BD6CR/4のRongさんにはお返事を伝え、先方も喜んでいました。
ではまた、新しいBBSに時々書き込みます。
user_com.png JL1KRA time.png 2022/09/26(Mon) 14:20 No.33
新しいフロントエンド 補足
Libra7000尾新しいフロントエンドに関して、
少し補足しておきます。

まず初めに、クリスタルフィルタ-の所の、ジャンパ-ピンですが
内臓のフィルタ-は、性能的に良い物が望めないので、外部に
きっちりとしたフィルタ-をつなげるようにしてあります。
また、トランシ-バ-にしたい場合、外部にフィルタ-を置き、
送受信で切り替えるようにできます。

外部の12Vの電源が出ていますが、これはクリコンを製作した
場合の電源になります。
また、IFユニットのスタンバイは、入力部に入っているリレ-を
切り替えてスタンバイするようになっているため、その制御用に
+12Vを出しています。IMF端子。

ミキサ-用バススイッチは、QS3125/3126 または
FST3125/3126などが使えます。
3125と3126の違いは、スイッチONになるためのロジックの
違いです。探せば、この3125タイプのバススイッチは、他にも
あると思います。
また、以前書きましたが、アマゾンにて、入手可能です。
FST3125で検索してみてください。

TRの2SC2851は廃番なので、CYTECへお問い合わせください。
user.png JE1AHW/内田 time.png 2022/09/24(Sat) 17:43 No.32 [返信]
新しいフロントエンド
31皆さん、こんにちは。

新しい、Liba7000のフロントエンドを、製作しました。
以前との違いは、ミキサ-にHモ-ドミキサ-を使用している所です。
画像フォルダ-に、一部デ-タを、UPしました。
現在、7MHzにて、受信のテストを続けています。
(最近は、コンデションが悪く、手ごろな信号が見つかりませんね。)

現在の問題としては、2SC2851にかなり電流を流すため
かなり発熱することです。
たぶん、壊れることはないと思いますが、何か工夫したいですね。
現在は、銅板を小さく切り、熱収縮チュ-ブにて固定して、放熱
しています。

平衡して、以前製作した、AD603x2のIFブロックの
AGCドライブ回路を、見直しています。
1)AGC設定電圧の設定時が不安定だった。
2)DCアンプ部のTRの定数の見直し。
を中心に行っています。
抵抗一つを決めるにも、何回も取り替えて、そのたびに動作確認と
面倒ですが、ここで一度ノウハウを得ておけば、今後楽になります。

完成と思ったものでも、使っているうちにアラが見えてきます。
そのため、ここで時間をかけて、気が付いた点を改良していくと
いう作業は大切になります。

user.png JE1AHW/内田 time.png 2022/09/24(Sat) 11:20 No.31 [返信]
HAYABUSA6を習作
29内田さん、ご無沙汰しています。

BD6CRからHAYABUSA6を中国のハム仲間で現地で手に入る部品で
習作して楽しんでいるとのメールがありました。
内田さんにメールを送ったが届いたかわからないので、連絡して欲しいとのことでした。
Blogにその状況は公開しているそうです。
中国で6mの自作というのは珍しいようですが、
内田さんの設計がいいので再現性が高かったと思われます。

ハムフェアでお会いしなくなってから久しいですがお元気そうで何よりです。
どうぞお元気でお過ごしください。


Uchida-san,

This is BD6CR, Adam Rong. As 6m is active again, I did a survey about 6m DSB transceiver and found your design Hayabusa6. I think it is a good design for BY hams, so I have introduced your design in my blog. A ham in Beijing drew a PCB and opened to all who wants to build it. I have made a few samples and plan to test it. I don't have plan to distribute it as a kit, instead, I will build and let others know that the design is easy to build. I wish to thank you for your design and the schematic open to all. If you have any concerns, please let me know so I will follow it.

user.png JL1KRA time.png 2022/09/22(Thu) 00:52 Home No.29 [返信]
H-Modeミキサ-
28釣巻さん、皆さん、こんにちは。

釣巻さんも、H-Modeミキサ-の部品を、集めていたんですね。
やはり、Hモ-ドは、それなりにいですね。
ぜひ、製作してみてください。

私も、H-Modeミキサ-の試作をやっていました。
1815ミキサ-を使用した場合に出る、スポットビ-トが、気になりだすと気になる物で、H-Modeミキサ-使用では出なかったので
最終的には、Hモードに切り替えることにしました。

切り替えるにあたり、ロ-カルのOMのJA1VKV/田中さんの
進めと、バススイッチなどの部品を融通していただきました。

試作機の、IP3測定も、やっていただきました。
IP3は、OIP3を採用しています。
また、RF2Toneは、スパンが、2KHzの物で、評価が厳しく
なります。
結果は、OIP3は30dBmまで行きませんでした。
通常、40dBmとか言われていますが、いろいろな条件があり、
難しいようです。
特に、使用したRFトランスの特性がいまいちなのでしょう。

ついでですが、1815ミキサ-はどうなったかと言いますと、
現用受信機「Orion 406RX」のフロントエンドを
1815ミキサ-+デジタルドライブに作り変えて、現在使っています。以前の、ミキサ-ICより、良い感じを受けています。
一応、プリント基板の部品配置図をUPします。

user.png JE1AHW/内田 time.png 2022/09/08(Thu) 17:34 No.28 [返信]
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -